彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈“江河水”とYouTubeにブラボー!!〉

<<   作成日時 : 2013/07/28 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


二胡レッスンへ行って来ました。
野越え山超え、灼熱のN市へ。
とはいえ、電車と地下鉄を乗り継いで行くだけなので、
最後、地下鉄の駅から地上に出て教室まで歩く
5分ぐらいの路上で目が眩みそうなだけですが。




“江河水”は、C調に転調して♭Bに戻る直前までが宿題。
そこまでを老師と2回通り弾き、そのあとひとりで。
ゆっくりな曲は間が持てず走ってしまうので、気をつけて。
まだまだギクシャクしてるところ多し、だけど、
落ち着いて弾けたので、
老師にっこり「挺好、挺好的、挺好的。(いいね、いいね、いいんじゃない)」と
3回ぐらいおっしゃったので気を良くして次へ
山場から最後までの部分のレクチャー。
苦手の♭Bに戻ったのでウロウロでしたが、
弾きなれればなんとかなりそう。
最後に全曲を老師と一緒に2回弾いて、終了。
一緒に弾くと、音に楽譜にはない装飾音が付いていたり、
色々な仕掛けをしているのが分かるんですよね。
一音一音が活きてる感じ。
ひととおり弾けるようになったら、
老師の演奏動画を見ながら分析してみよう。




楽譜だけだと、どのように弾いているのかわからないことが多い。
弦の上でどのように指を動かしているのか。
弓をどう動かしてるのか。
そんな矢先、偶然見つけた動画がこれ。









宋飞(ソンフェイ)さんです。
松脂が舞い上がるのが見えるほどの肉迫動画
素晴らしい
最初から50秒ぐらいまでの散板の部分の左手なんて、
よくぞアップで撮影して投稿してくださったと、感涙でしたわ
すべてが学ぶことばかりですが、
二指(中指)を支点に三指(薬指)でトリルを打つなんて、
力が入らず不安定でうまく出来ないですが、、
小指で棹を打つようにして一緒に動かせばいいんだぁ・・・とか。
真似するぞ出来る限り。
模倣でもパクリでもいいわ。
このような有益なものの恩恵を
いつでも、誰でも、何度でも享受できる
今の世の中に感謝です






       




画像





お暑い時は、涼しい部屋でハーブティーなど、いかが?
夏でも水筒にホットのお茶を持ち歩いています・・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
凄い、本当に教則ビデオにあっても良いくらいの詳細なアップ画面ですね。
一見地味だけど弦と弓毛がこすれて松脂が舞い上がる様子など、美しく感じて見ごたえありました。
リアルで二胡演奏をみた時は気がつきませんでした。
きっとカメラマンは其の美を知っていて撮影したのでしょうね。
私もこれから、二胡絵を作製する時はこのビデオを参考にしようと思います。

美味しそうなハーブティーですね(^^
私は冷たいのをガブガブ飲んではお腹を壊しています。
暑い日には暖かいお茶がいいと聞きますが、やっぱりついつい冷たいのに手が出てしまいます。
にこーるさん、体を大切にされてえらいです。
三児
2013/07/28 21:33
三児さん、コメント有難うございます^^)
私も松脂が舞い上がるシーンは美しいと思い
ました☆彡
この投稿者は中国音楽、とりわけ二胡動画を
沢山アップしているようなので、ツボを心得
ているのでしょうね。
功労賞をあげたいぐらいです(*^_^*)
宋飞さんの技に近づくのは難しいですが、
取り入れられる部分は真似したいと思います♪

ここ数年、ナマ物、冷たいものがダメになって
来ました。何年か前暑い日に喫茶店でハーブテ
ィーを飲んだら、すーっと汗が引いたことがあ
り、以来、ホット飲料信者です。
さすがに炎天下では無理ですが(^_^;
三児さんも一度試してみてくださいね。
にこーる
2013/07/28 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
地道なレッスンの記録。〈“江河水”とYouTubeにブラボー!!〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる