彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈“草原新牧民”そして老師は中国へ。〉

<<   作成日時 : 2013/05/19 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


18日土曜日、午前中T市で中国語講座のあと、
N市へ向かって二胡レッスン。
中国語の授業ではちょっと面白い映画を見たので、
その話はまたのちほど




いつものように教室の近くのお社に参拝。
教室では合同練習をやっていて、
終わってからすぐ私のレッスンに。
今日は、な、な、なんと、2月の発表会のDVDができていて、
今年は有料だったけど、勢いで2枚1セット買っちゃったのよね〜
あとで考えたら、自分が写ってる方だけでいいんだけど。
ああ、恐ろしいわ、あの時がよみがえる
こっそり見よう。
どこかの二胡教室みたいにyoutubeにアップする予定は
ありません




画像





“草原新牧民”を老師と一緒に弾き、
もう、この時点で今年はじめての全身総発汗って感じだったが、
次にひとりで弾いて、燃え尽きそうに。
何ヶ所も引っかかったわ〜
でも、あんなにワケ分かんなかった散板の部分もそれなりに・・・
ここは、根拠の無い自信で乗り切るしかないわ。
そして、最後のB♭からF調に戻るところからをレクチャー。
もう、B♭とFなんて混乱してグチャグチャ(爆)
やっぱアタマ悪いんだわー
今日のメインはやっぱり跳弓(ティャオゴン)=抛弓(パオゴン)だわね。
弓を弾ませるようにして音を出す奏法で、
馬がパカパカかけて行くような感じ。
感覚を掴むまでず〜っと老師に右手を持ってもらって、弓を弾ます練習。
ホント、私って勘が悪い
「ひと月、しっかり練習してください。」とのこと。
老師は明日から中国へ帰られ、1ヶ月お留守なんですわ。
ひと月あればちょっとは良くなるかな。




かくして、めでたく()“草原新牧民”レクチャー終了。
授業が終わっただけで、全然弾けないんですけど・・・
「こういう難しい曲をやると、その時は辛くても、
あとで実力がついていることに気づくでしょう。」
老師、辛いという語彙に、
“痛苦(トンクー/ひどく苦しい)”
“难受(ナンショウ/辛くてやりきれない)”
なんて、いかにも苦痛〜って言葉を使うので、なんだか笑っちゃったけど、
たしかにそれは言えるかも。
でも、“陝北抒懐”よりはいいかな。
“草原新牧民”は曲想が分かりやすいぶん、弾きやすい。
“陝北抒懐”は曲想が難しいし、途中から超速くなって高音ばっかで
キーキー言っちゃって辛かった・・・でもこれ、どーにかしたいので
しつこく練習してるんだけど。




ひと月レッスンがお休みの間、
淋しくて浮気しそうですが(毎年言ってるけど)、
“草原新牧民”を練習しつつ、
夏のメインイベント“小市民寄席”に向けて、
ロビーライブの曲目を決めて、練習しなきゃいけないし、
今年はダンスはなくてコントをやるらしいので
そっちの練習にも出なきゃ・・・
なんだかんだで一ヶ月なんて、すぐに過ぎてしまいそうですわ〜




そうそう、次回レッスンは6月22日。
今度のレッスン曲は・・・、
まあ、話は長くなるので、
追々お話しますわ






 ・・・・・・・・・




それより冒頭でふれた中国映画ですが、
“看上去很美”
(見た感じとてもいい・・・とでも訳す?
 子供時代は良かったと皆いうけれど・・・って感じかな。)
邦題は“小さな赤い花”
2006年、イタリアとの合作映画。
全寮制幼稚園に放り込まれた男の子のお話で、
70年代ぐらいの時代設定らしいですが、
ものすごく枠に押し込められた教育。
世話をする先生も大変そうだけど。
いかにも中国らしい一列に並んでするトイレ、
例の股が割れた子供用のズボンなど、
カルチャーショックも満載で、
子供たちの必死の表情が微笑ましい
次週の授業で、この映画についての
所感を話し合うらしいです。




画像

               主役の男の子、方槍槍(ファンチャンチャン)。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
にこーるさんは、草原新牧民終わられたんですね☆お疲れ様でした(o^−^o)

僕は今度のレッスンで、エンドレスシャカシャカから抜け出せるか心配です(笑)

YouTubeとか見ると、みんなシャカシャカしてないですよね(笑)( ̄▽ ̄;)

次は何の曲をやるのか楽しみですね〜♪('∇'*)

僕は今度こそ、シャンベイシューホェイをやるかもです(笑)(´∀`)
ジャンリーイェ
2013/05/21 17:00
ジャンさん、草原新牧民終わりましたが、
一か月後、老師に弾いて見せた時、少しは
進歩の跡を見せないといかんですよね・・・^^;)

シャカシャカは必要なのでしょうか?
でも新賽馬なんかでもやってるので、出来て
損はないのかも(^o^;

発表会DVD見ましたよ、ジャンさんやっぱり
スゴかったですよ、パワフルでした!
・・・私はまだまだだなぁと。思い出して、手に汗
握ってしまいましたが。
勉強になりました(_ _)

にこーる
2013/05/21 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。〈“草原新牧民”そして老師は中国へ。〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる