彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<『月夜』どこまで行く・・・?>

<<   作成日時 : 2011/08/02 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


7月30日は二胡レッスンでした。
相変わらず暑い毎日です
日々の練習もマンネリで、ほとんど前回から進歩してない・・・・・・
この2週間何してた?と老師に思われそうです・・・。
教室に着いたら、今日はおひとりで二胡を弾いておられました・・・




いつもの『D調伝統の第一、第二ポジション音階練習』、
『劉天華練習曲三十八(中把)』、
『劉天華練習曲三十九(中把)』を一緒に弾いて、
三十九だけひとりで弾いて、その後、
『月夜』へ。
この曲、3月26日に習い始めたので、
かれこれ4ヶ月・・・
こうなってくるといつも弾けないところは弾けないし、
進歩がないんですよね。
多分老師からみればマズいところだらけでしょう。
ひとりで弾いて、その後注意点を何ヶ所か。
@3小節目の「556532」の所の指使いが違っているので直す。
A〔二〕慢板の12小節目、「55616543」の、5から4へ移動する時、
 滑音を付けない。音程に注意。

〔二〕慢板の部分の11小節目から、わたしには難しく、
この日もまた老師に練習つけてもらいましたが、
32分音符のところは「来るぞ、来るぞ」と構えて弾くと
絶対ぐちゃぐちゃになる。
「〔二〕慢板から11小節目から19小節目まで宿題」・・・です




今日は、『劉天華練習曲四十(中把)』のご指南を。
このごろ中把の練習曲ばっかりやってますが、
これってもしかして私の音程がなってないから
聞くに耐えないのかも
第二ポジションの4指(内1、外5)の位置あたり、
指の位置がハッキリしない。
この辺になってくると指と指の間が狭くなってくるし、
ちょっとのズレで音が狂う。




画像


  


こんな感じで印を付けていますが・・・
最初の老師は「二胡に色々くっつけるな!」とおっしゃり、
今でも邪道って感じがしますが、背に腹は変えられぬ。
現在の老師はレッスン時、棹に目盛を付けたような二胡をお使いです。
もちろん、生徒に分かりやすくするためですが。 




老師に「この次は何の曲をやるんですか?」と聞いたら、
「『劉天華練習曲四十一』です。」だって。
練習曲をやりながら、まだしばらく『月夜』らしい。
・・・出来ないくせに飽きるんですよね〜
かといって、上の教本見せていただいたら難しそうな曲ばっかだし。
なんか、「これ」って弾きたい曲がないんですよね。
「慢慢儿来吧。(ゆっくりやりましょう。)」
はい、でも、心が燃えないんですが・・・




  

・・・・・・・・・・



次の日の晩、お茶の先生ご夫妻に
メキシコ料理を食べに連れて行っていただきました。
メキシコ料理ってタコスぐらいしか知りませんでしたが、
いろいろあって、わいわい言いながら食べて
近くにそんなお店があるのも初めて知ったし
『AL PARAISO(アルパライソ/楽園へ)』というお店
壁には、むかーし衝撃を受けて、とりつかれたフリーダ・カーロの絵が。
懐かしい・・・。




お店の一隅が洋服とアクセサリーのお店になっていました。
どちらかというと服を物色して、試着している時間の方が長かった?
民族調の服、ブランドのコピーっぽい服がいっぱいあって面白かった。
そして安い!
↓戦利品ですわ




画像





ここのところ、気がふさぐことばかりだったので、
ちょっと発散できました。
感謝












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
美味しいもの食べて、散財して・・・
私も、そういうの大好き!
サンちゃんち
2011/08/02 14:54
女性は大体それ、大好きですよね。
ストレス解消には、これが一番!!!
にこーる
2011/08/02 21:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<『月夜』どこまで行く・・・?> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる