彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<馬と駱駝と二胡選び。>

<<   作成日時 : 2010/04/26 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


24日のレッスンは“喜唱豊収(シーチャンホンショウ)”から。
やや長いし、速いし、指使いが慣れないと難しい。
ちょこまかと練習していったので、思ったよりは弾けたかな。
老師と一緒に弾く時は引っ張られてまあまあだったが、
ひとりで弾くと、しどろもどろが白日の下に。
快弓も小指が入ると力がないので
フニャフニャになるな〜
速い曲は指で弦をで叩くように置くと力がつくと
昔教えられたが、またトレーニングが必要かも。
弓が逆になってしまう部分があるのでこれももう一度確認。
後半部を特に「再練練吧。(ツァイリェンリェンバ/もう少し練習してね。)」と老師。
演奏の動画を見ると、やたら速いのだけど、
あんな風に弾けないといけないのかなぁ・・・?




次に、前回リクエストした“賽馬(サイマー)”の補講。
相変わらず、家で練習していてもどこかで引っかかるし、
レッスンで弾くと必ず、途中で落馬・・・
速度は130〜140だが、とりあえず100が目標。
前半部は弾けるが、後半の快弓部分など
私にとってはそれでもかなり速い。
最初から57小節からのギャロップ風のところが
やはり上手く弾けないので
ゆっくり何度も一緒に弾いてくださった。
一音一音強く、連弓の部分は手首の力で
ハッキリと音を出す。(老師、「用力〈ユンリー〉」と言われた)
弓の向きを間違えないように
弾く練習をするように言われた。
これ、例えば、毎日毎日練習して
一年後には出来るようになるかな?
運動神経がない人には無理か?この曲・・・
諦めるのはまだ早い・・・?
とにかく言われたとおり、やってみるか。




この2曲を完成させたいか、
新しい曲に入りたいか聞かれたので、
5月は老師は中国に帰られて、レッスンがないし、
新しい曲を教えていただいておくことにした。
“拉駱駝〈ラールオトゥオ/駱駝をひいて〉”
先の2曲とはうって変わり、1分間に44拍、
スロー・・・・・な出だしです。
F調第一第二ポジションを行ったり来たりで
音をとるのが難しいかも・・・
しかも後半から144と、悪魔のように速くなるのよね・・・




それにしても、ひと月レッスンないなんて・・・
これまでレッスンは欠かしたことないし、
「出来ん、出来ん」と苦しみつつも
もはや生きがいと言っても過言ではない。
淋しさのあまり浮気しちゃうかもしれん。
(あ、今のフレーズ、変なレスついちゃうかも。)
・・・というわけで、自分を慰め、鼓舞するため、
また、『“賽馬”が弾けるようになったらご褒美に』と思い続けてきた、
“一生もんの二胡”を買うことにしました
(厳密にはまだ弾けんけど、ゆっくりなら・・・)




レッスン終了後、老師に「二胡が欲しいのですが・・・」と言って、
とある二胡奏者のブランド物で、目をつけていた二胡をプリントして行き
お見せしたら、「太貴了!(タイクィラ!/高すぎる)」とのことで、
老師ご自身が監修されている二胡を何台か見せてくださいました。
確かに、素材も皮の部分も、今使っているものと比較して
かなりの風格があります。
音も良く響き、特に老師が弾かれると素晴らしい音色。
(これで、この二胡の現時点でのMAXの能力が分かる)
わたしは、今度買うときは、一生付き合えるものが欲しかったので、
「先生が良いというものなら、決して安くはないですが、
この値段でも買おうと思っていました。」と伝えました。
最終的に、その中で一番いいと自分でも思い、
老師も太鼓判を押してくださった二胡をお持ち帰りしました




日本人の一介の愛好家が二胡を買うのはとても難しい。
初心者は特にですが、どれがいいのか悪いのか基準が分からない。
素材、産地、製作者・・・とか、いろいろあり、
弾いてみて、自分の好きな音色のものを、といっても
分からないですよねー。
自分は初心者向けの数万円のものと、数十万のものぐらいの差は
分かるようになってきたと思いますが、
なにせ相手はメイドイン中国だし。
ネットで現物を見ないで買うのはちょっと・・・。
中国の産地で、いいものは二胡奏者達が押さえてしまうので、
お店にはあまりいいものが残っていないといいますし。
一番確かなのは、信頼できる老師を通して手に入れることだと
わたしは結論しました。




えへへ、どんなのか見たいでしょ?
落着いてきたらお披露目しますね。




画像

               ちょっとだけよ










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今度は多少銭なのよ〜ん
今度、穴の空くほど見せてねっ!
中川
2010/04/26 21:57
おお〜!なんか凄そう!
本当に、楽器との出会いは縁というか運というか、
地方都市じゃ選べませんからね・・・。
サンちゃんち
2010/04/29 15:04
中川さん、
サンちゃんちさん、
実はその後、いろいろありまして、
二胡は中国に注文していただくことになり・・・
なんと、生意気にもオーダー二胡!!!
ひと月半後にわたしの手元に来る予定・・・
ドキドキです!
詳しくはまたお話しますねっ!
にこーる
2010/04/30 01:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<馬と駱駝と二胡選び。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる