彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢郷游記。<行ってきました西安へ。>

<<   作成日時 : 2009/08/31 21:54   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


おかげ様で25日、無事に西安から戻って参りました。
・・・と思ったら次の日、38.4度の発熱。
もしかして新型と、急いで病院に駆込み、
鼻の穴に綿棒を突っ込まれ、検査の結果、普通の風邪でした。
しかし、それから立ち直るまでに丸3日かかってしまった。
西安に居ついたのだな・・・と妙に納得された向きも多いようで



画像




恥ずかしながら、行くまで
西安ってどんなとこだかピンときてなくて、
(日本から見て遠いので)辺境の田舎町かなって認識で、
行ってみてびっくりしたぁ〜
とにかく人が多い。
朝市、夜市、観光スポット
広い大通りの遥か彼方まで人がひしめき合っている
その有様を目にすると、やっぱり中国ってすごいなと思う。
西安は人口830万人を越える大都市なのだ。
私の住んでる町なんて10万人ちょっとのド田舎ですわ。
東京の人ごみとはまた違い、
あんな巨大な人間のかたまり、見たことない。



画像

 


城内の夜市。
地元の人から観光客からひしめいていて、昼間のような喧騒。
あやしげな食べ物、おもちゃ、土産物・・・
下の写真の女性はたこ焼きのような製法でお団子焼いていた。



画像




毎日、8時半くらいから行われる、
噴水広場のアトラクション。
大通り公園みたいな長い空間の全てが噴水になり、
音楽に合わせて水が輪舞する。
回りは全て人に囲まれ、かき分けて厚い人垣の中に入る。
水と一緒に跳ねて遊んでいる人もいた。



画像




うって変わって静かな華清池。
あの楊貴妃と玄宗皇帝が結ばれた温泉地。
玄宗専用、楊貴妃専用のお風呂場(というよりプールだな)の
遺跡があり、現在の建物は清朝末期に西太后が築いた。




画像




行く前、みんなに暑い、暑いと脅かされたが、
この朝は肌寒いぐらいで(異常気象?)、気持ちよかった。
下は肉体美の楊貴妃像。
並んで写真を撮るとスリムに見えるぞ。



画像




1936年の西安事件で蒋介石が捕らえられた
場所でもある。銃弾の後も残っている。



画像




今回の旅行で一番見たかったのは、
何といっても秦の始皇帝が作った『兵馬俑』。
『兵馬俑坑博物館』には、
第1号坑、第2号坑、第3号坑、青銅之冠の4つの建物があり、広大で、
発掘現場を覆って体育館が建てられているようなイメージ。
その建物がまた、とてつもなくでかい。
人物大の埴輪(俑人)はまだ発掘されていないものも含めると、
8000体は埋まっているという。



画像




上の写真の左手先頭に“這是発現!”(ここで見つかった。)と看板があり、
1974年、果樹園で井戸を掘っていた農民が偶然見つけ、
(そのお爺さんは今、七十いくつかでたまに見に来ているらしい)
今日の偉大な遺跡の発見になった。



画像




内部は土の匂い+ホコリっぽい。
まだまだ発掘中で、掘り出した破片は、埴輪の形に修復している。
上の写真の背景に沢山立っているのは修復中の俑人。
修復作業はジグソーパズルのようだ。



画像




画像




なにやら意味ありげな、3号坑の俑人の並び。
皆、甲冑を着た身分の高い武将風なので、
軍の中枢部を模したものだとか。
俑人の列にぽっかり空間が空いているところは
馬車があったと思われる。
木製なので朽ちてなくなってしまったらしい。



画像




一通り全館見て歩くと5km以上。
中国でこんなに凄い物を作っていたころ、日本はまだ縄文時代で、
ハダカでケモノを追って走り回っていたとは・・・。
下は北京オリンピックの開会式で使われた
巨大な兵馬俑(木製)と現代の子供の人形。
博物館のエントランスロビーで出迎えてくれる。



画像




旅行の行程はここで半分。
この後、楊貴妃と玄宗をメインにしたディナーショーや、
空海(弘法大師)が西安で留学していた『青龍寺』、
『陝西省歴史博物館』等々・・・たくさん見ましたが、
『兵馬俑』を語ったとこで、充分満足しちゃいました。
同行した方も言ってみえましたが、
「現地に行って、実際に見ることがいかに重要か」
この言葉に尽きますね



画像

               楊貴妃と玄宗の物語を主としたディナーショー



またどこかで感動に出会えたら・・・


・・・えっ?
中国語は通じたのかって?
そのあたりはまた改めてご報告しますね、
今回はこれにて、
          終幕・・・・・・・・















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまー、ホントに疲れ改めて中国の大きさを感じてしまいました。何もなかったら、日本の公衆衛生、公衆道徳が如何に進歩しているか感じないままの旅行になっていたことでしょう。ブログを読んで笑ったおかげで元気になれそうです。ブログを読んだ友人がスケッチ旅行で西安2泊、敦煌3泊他途中何泊かの10日間予定で出かけられるそうです。公衆衛生教育とマイはしをレクチャーしました。。。。笑
いーなちゃん
2009/09/01 20:11
ぎゅっと圧縮された濃い旅行でした。
“マイ箸”は旅行した仲間内で評判良かったですね。
中国人から見るとどう思うのでしょう?
ちょっと聞いてみたい気がします。
西安にお出かけになる方はどなたでしょう?
飲食注意と腹巻パスポートも
是非よろしくお伝えください。

にこーる
2009/09/02 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夢郷游記。<行ってきました西安へ。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる