彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 張濱老師・二胡コンサートの夕べ。

<<   作成日時 : 2008/01/30 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


我的老師が演奏されるというので、
聞きに行ってきました。
(中国語教室サボって。
ごめんなさーい、漢語的老師!)
公のコンサートではなく、
保育士さんたちの総会に招かれて・・・という演奏。
一番初めにステージで挨拶されたこの会の女性会長が、
赤のチャイナ服風の衣装で、
どこかで見たことがある・・・と思ったら
天津でご一緒した方でやはり老師の教え子さん。
そういう繋がりで・・・と納得したのでした。




場所はN市のど真ん中。
以前、姜建華(ジャン ジェンホワ)のコンサートに来たぞ。
座席は全部自由席。
保育士さんたちは、奥ゆかしいというか、
欲が無いので、一番前の席がガラ空き。
2階席まで満席だっていうのに・・・
それじゃあ、遠慮なくって感じで、まん前に陣取っちゃった。
両側空いてて、安気でした〜。
多分、老師も気がついて「図々しいヤツ」と
思ったことでしょう。





画像






伴奏はシンセサイザーだけ。
(このシンセ奏者の男性が、黒のスーツにパソコンを駆使、
二胡の演奏とミスマッチで、いい味出してた
音がシンプルで、老師の前に譜面台も無く、手元もよく見え、
聴きやすくてくつろげた、いい演奏会でした。
特別にお嬢さんのヒナさんが2曲演奏され、
その可愛らしさと、ピュアな音色にも感嘆の声が上がっていました。




1.シルクロード
2.花
3.夜来香
4.燕になりたい
5.My Heart Will Go On
6.大地の詩
7.賽馬
8.空山鳥語(チャンヒナ演奏)
9.喜送公粮(チャンヒナ演奏)
10.川の流れのように




観客は二胡を初めて生で聴く人も多かったでしょう。
選曲もみんなが知っている曲と、
二胡の名曲を盛り込んで解り易かった。




終了後、いつものコンサートの如く、
ロビーはCD販売と握手会で混雑していて
さっさと帰ってきましたが、
やっぱり、ステージに上がると
老師の演奏は魅力的だなと再認識。





画像





花、シルクロード、
燕になりたい、川の流れのように・・・
などは、私達レベルでも弾いたりする曲。
でも、全然違うのよね。
「キレイな曲・・・」と
人の心を惹きつける。
感動させる。
どこが違うのか?
曲を自分のものにして、
表現しているからだろう。
そりゃあ、技量の差もあるけどさ
あんな風に弾けるようにならなきゃ・・・と
心に灯りをもらって帰途についた
演奏会でした。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱ、ライブだね〜。いいなあ。
二胡は特に、CDでは伝わってこない、響きがあると思いますよ。
老師の弾く二胡は、私が弾くのとは、楽器まで違うのかと思うほど、別物ですよね。あんな演奏は、出来そうにありません、・・・。
お嬢さん、何歳ぐらいですか?
遺伝と環境に恵まれ、楽しみですね!
サンちゃんち
2008/01/31 11:10
そうなんです。入門したての頃は、自分の二胡でも老師が弾くと、全く違う楽器のようでしたよね(^^;)。
お嬢さんは10歳。二胡奏者になるべく生まれてきたのですね。物凄く上手ですが、中国ではああいう子が星の数なんでしょうね。
にこーる
2008/01/31 23:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
張濱老師・二胡コンサートの夕べ。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる