彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 二胡のご縁で。〈合同練習とサークル忘年会〉

<<   作成日時 : 2007/11/21 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


18日日曜日、午後13時からN市内某所にて
二胡の老師が主催している演奏団の
合同練習会がありました。
天津での演奏会に向けて
私にとっては初めての合わせ練習。
(国内では。後は現地にて。)
50人〜100人前後の人が、集まるらしい。
二胡弾く人がそんなに大勢集まってるのなんて、
見たことないよ。




一日代休を取ろうと思ってたのに、
やっぱり出来ず、
N市内の地下鉄で一駅の我社の支店で1件打合せをして、
時間がないので喫茶店でミニサンドイッチセットを食べ、練習場に。
初めて行くので場所が分からず、
(駅前を歩いている人に聞いたらすぐそこだった)
20分ぐらい遅刻・・・




某ビルの4F、
昔の学校の講堂みたいな場所。
縦4〜5列にずらっと団員の方々が並び、
私が着いたら天津行きの準備のいきさつ、
苦労談を、中国語なまりの日本語で
老師が面白おかしく話しておられる最中だった。
(話はその後1時間ぐらい続いたが・・・)

事務所の女性の話だと、
天津は寒く、防寒(手袋・防止・厚い下着・カイロetc)に要注意。
乾燥してるので保湿(クリームなど)必須。
衛生面でテイッシュ、ウエットティッシュなど必須・・・ということらしい。
寒いの苦手・・・やだな。




14時過ぎからようやく練習が始まり、
ここで自分が練習していたパートが曲の中で
どういう役割をしていたか分かった(笑)
私がもらった楽譜にはV、Wパートと書いてあったので、
そんなに沢山パートが分かれてるのか、と思ってたら、
大きく2つのパートらしい。
私は弾くように言われてなかったが
簡単なので急きょ一緒に弾いてみたが、
『さくらさくら』
この曲の、外国人が聞いて非常に日本的な音にこだわり、
音ののばし方、演奏の仕方を細かく指導された。
あと、老師の演奏のバックとして弾く
『風笛』
『大地の歌』
『川の流れのように』
も同様。
大勢の団員個々のレベルは結構バラバラみたい。
休憩を入れて2時間あまり
最後には疲れてへとへとになりましたわ。






・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・



終了後T市に戻り、
駅ビルのホテルアソシアの
レストラン・ロジェ−ルで、
我が二胡サークルniconicoの一足速い忘年会開催。



画像





早めについたので同ビルの服やバッグなどの店の方を見ていたら
メンバー達に行き会う。
やはり女性の考えることは一緒らしい。
時間が来て店に降りていったら、もうすでに皆揃っていた。
二胡サークルniconico、
現在のところ総勢8人、
収支報告ができていたが、会費がほとんど残ってた。
HPにも記録しているが
今年は3件のイベント、計6回の演奏を実施。
年々、演奏時間が長く、中身が濃くなっているので、
これで十分かなという気もするが・・・。
この頃、HPを見られた方から演奏依頼が来るようになり
日程(仕事で)や遠方とのことで、
もったいなく、申し訳なくもお断りするケースが多い。
(この場をお借りして“ごめんなさいです・・・。”)




来年も楽しく、より活発に活動できるといいな。
・・・というのは私の個人的な感想。
忘年会その場ではとりとめのないお喋り、
二胡その他の話題で盛り上がっただけですが。
一緒に同じ趣味を楽しめる仲間がいるというのはいいことです。
それと今日、合同練習に参加して感じたことですが、
合奏の場合、やはり指導者の存在は大きい。
個々に先生について練習してても、
一緒に弾く時、冷静に方向を示してくれる人がいたほうが・・・
サークルだから好きに弾けばいいという考えもあるけど・・・


niconicoの課題ですな。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
もう、忘年会のシーズンなんですね。
(また、一年が過ぎてしまう。)
私たちも、3年前の夏、80人程の寄せ集めで杭州へ行ったことがあります。国内でのリハーサルは、2回のみ(全員参加でもなく)で、現地の楽団と共演で、テンポの速さに苦労しました。指揮者の方が、リードしてくれました。
みんなで弾けば恐くない、とにかく友好ムードで、いい経験でした。今となっては、すごく暑かったのが思い出です・・・。
天津の冬、やきいもが美味しいそうですね。演奏会のご成功を、お祈りしています。楽しんできてくださいネ。
サンちゃんち
2007/11/22 14:19
天津ではどんな出来事が待っているやら・・・。
今の日本のこの現実とは全く別世界に、スポンと入っていく感じ。向こうでは中国でNO.1という女性奏者の方と競演するとか。・・・興味津々です。
にこーる
2007/11/22 22:53
今日、6時台の名テレで天津で演奏する、二鼓の練習風景が放映されました。夫がみてました。ひょっとしていたー????
テレビにも取り上げられて、ますますヒートアップしますね。後はインフルエンザに気をつけて・・・楽しんできてください。
いーなちゃん
2007/11/25 18:56
その練習風景が18日のものならいましたが、今日(25日)
のなら、行けなかったのでいませんね(笑)。会社のリフレッシュ休暇という制度を利用して行きますが、リフレッシュになるのかどうか疑問です・・・。
にこーる
2007/11/25 20:13
天津は日本ととても関わりが深いのでしょ。私の仕事の師匠は、5歳年上なんですが、彼女のお母さんが戦前その租界に住んでいて、彼女は親孝行旅行で連れて行ってあげたそうです。また演奏会報告を、街の様子と共に載せて下さいね。
mietinn
2007/11/28 21:29
租界・・・ですかあ。歴史を感じますね。
渡中まであと1週間、ようやく現実味を帯びてきました。中国で二胡弾いて来るなんてのも、信じられないことですが、中国の人たちの中に身を置いて演奏会というイベントに参加することが、得がたい経験ですし、とても楽しみです!!
お土産話を一杯仕入れて帰ってきますね。
にこーる
2007/11/28 22:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二胡のご縁で。〈合同練習とサークル忘年会〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる