彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 『平和を願う いのちの音楽会2014』

<<   作成日時 : 2014/06/08 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4


6月8日(日)、T市で行われたチャリティーコンサートで
二胡を演奏して来ました。
主催は同市出身のヴァイオリニスト・大竹広治さん。
プロとアマチュアの垣根を越えて、
音楽で戦争に反対の意思表示をしよう・・・
という思いではじまった音楽会だそうです




二胡友のSさんからこのお話をいただいたのは昨年の暮れ。
彼女の人脈で6人の二胡メンバーとピアニストが集まり、
『胡音ーコノンー』というユニットができました
曲を決め、各々個人で練習し、
月一度ペースの合同練習を重ねて来ました。
私にとってはSさん以外は初対面。
皆さん二胡はキャリアがあり、
他流試合?、異文化交流?・・・のようで、
練習会は本当に刺激的でした




画像

                 午前中、持ち時間15分のステージリハーサル。

                 


当日リハでは、最後のシメの部分で息が合わず、
皆で会館の外に出て、公園のベンチに腰掛けてその部分を練習。
通りかかった方が、偶然にも、以前中国語講座での同級生だった方で、
「なんか、中国の町を歩いてるみたいだなぁ・・・」と。




画像
            
                 お昼のリハーサル室での最終合わせ。

                 


思えばこのリハ室での演奏が我々の最高の出来だったかも
のびのびと気持ちよく弾けました。
舞台ではやはり緊張するし・・・




画像

                 さて、衣装に着替えて、いざ開演。
                 我々の出はトップから2番目。




画像

                 なんとなくナーヴァスになってる
                 左側のピアニスト嬢。




《曲目》


風の通り道 (久石譲 作曲)


花は咲く (菅野よう子 作曲)


賽馬 (黄海懐 作曲)





やはり二胡弾いてて、“賽馬“からは逃げられない
苦手なコイツの手綱を引っ張り続けたこの半年。
そしてメロディが美しくも恐ろしい“風の通り道”の重奏。
何でこんな難しいの選んじゃったのかなと、
何度後悔したことか。
でも、安易な曲でお茶を濁さず、果敢にチャレンジしてよかった
本当に勉強になりました




画像

                一番右が主催者の大竹さん。
                彼は二胡も演奏され、賽馬を一緒に弾かれました。




画像

                  後半は合唱団の演奏が続く。
                  写真はT市少年少女合唱団。
                  ライトを振りながらの“ララルー”が可愛かった。




二胡の、そして音楽のご縁で
貴重な経験を積ませていただけました。
どちらかというと、本番よりもそこに至るまでの過程。
新たな二胡友を得、
刺激を受けて切磋琢磨できたこと。
皆様、有り難うございました。
そしてお疲れさまでした。  









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
演奏会、またそれまでに至る練習会、半年間お疲れ様でした〜♪
私は皆さんに助けて頂いてホントに有難い気持ちでイッパイです!
また、一緒にやりたいね(^-^)
くるみ
2014/06/10 09:31
くるみさん、
お忙しい中、まとめ役お疲れ様でした。
貴重なご縁をいただいて本当に感謝です。
初共演とはいえ、曲想についてなど
真摯に話し合え、いい仲間だと思いました(^^)
またご一緒できる日を願っております。
にこーる
2014/06/10 22:14
音楽は共演が有って良いですね。
CG作画も、私の場合、マイアイテムを他の方が使う、逆にはる老子の二胡を私がいただいて使って二胡絵を作成する、と言うのは一緒の共作と言えるのかなとも思います。
でも音楽の合奏のような一体感から来る悦楽(と言ういい方は変ですが)、快感は得られないと思います。
記事を読んで、演奏会を無事終えられて充足しておられる感じが伝わってきて羨ましいです(^.^)
三次
2014/06/13 22:48
三次さん、こんばんは(^^)
コメント有難うございます。
CGという芸術の中にも共作っぽい
行為があるんだなというのを、
三次さんのブログで初めて知りました。
普通に描く絵画ではないことですよね。
沢山の方の知恵や技術の結集から
新しい感性を生み出すのは素敵ですね。
今回の合奏は本番の出来はどうあれ(?)
練習の過程がとても有意義でした。
終演後の懇親会では、
初参加への社交辞令もあってか、
評判がよかったようで、ちょっと嬉しく、
ほっとしました(*^-^*)
にこーる
2014/06/14 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
『平和を願う いのちの音楽会2014』 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる