彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 〈小鳥とおしゃべり『空山鳥語』〉CGアーチスト・三児さんの作品。

<<   作成日時 : 2013/05/11 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


CGイラストレーターさんたちの作品展“第8回突撃中華展”が、只今開催中。
そこに三児さんが出品され、その主題はなんと
二胡の名曲、“空山鸟语(コンシャンニャオユィ/空山鳥語)”




画像

               大きい絵は三児さんのブログで→





深山幽谷の風景を背景に、
キュートな二胡姫が小鳥たちと二胡でおしゃべりをしています。
この二胡姫、チャイナドレスに白のロングブーツ(ハイソックスかと思った
といういかにも今時の女の子スタイル。
背景の方も手作りカキワリっぽい作りで、
全体的にポップな感じをかもし出している。
格調高い古典二胡曲の今風の解釈といいましょうか・・・
(“空山鸟语”こちらからyoutube聴けます→)




三児さんのすごいところは、
発表されるたびに前作を越えるところじゃないかな。
初期の、人物が“二胡をもってポーズをとっている”感じから
今ではもう充分に“二胡を弾いている”図に。
それほど両手の構えが自然です。
特に左手はともすると琴棹を横から握るような形になりがちで、
説明がしにくかったのですが、
いろいろ画像を見て研究されたとのこと。
素晴らしい・・・私はもう何も言うことありませんわ。
ただ、三児さんの進歩発展を遠望するのみです




逆に三児さんの絵から学ぶこと多し、です。
たとえば、チャイナドレスにロングブーツ・・・やってみたい
チャイナドレスは脚が見えて、気になっちゃうので、
邪道といわれつつ、レギンス履いたりしてきましたが、
ブーツ、いやハイソックスでも可愛いかも・・・
 これって年齢制限二十歳までですか






 ・・・・・・・・・




“空山鸟语”じゃないけれど、
今回は美しい陳敏(チェンミン)さんの“燕になりたい”を。
まあ、鳥つながりってことで。









“我愿做一只小燕”
中国の民謡を題材にチェン・ミンさんが編曲。
日本ではツバメは若い男の子のことですが
この中国の曲では女の子の分身で、
愛しい人のもとに燕になって飛んでいきたい・・・という気持ちを歌っています。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今回もブログでのご紹介有難うございます。
まるで専用の二胡ギャラリーを得たようで一粒で2度美味しい←例えが変だけど作った甲斐も2倍な感じです。
 
ブーツはCG衣装デザイナーのマモマモさんが以前作成されたのですが、私もチャイナドレスに良く似合って驚いております。
成程、ハイソックスも似合うかもしれないですね、にこーるさんもあのチャイナで是非(^o^

背景は白状すると、最初は渋いビデオの空山鸟语の水墨画風にするつもりでした。
所が作っている内にどんどんそれを忘れて、気がついたらポップな感じに(T_T;)
渋い絵を作るにはまだまだ実力が伴わないようです(T_T;)

にこーるさんもどこまで二胡を知っているかわからない私に、ただえさえ微妙な事を説明するのは難しかったと思います。
おかげさまで私も随分二胡のことを覚えてきました。
今後は簡単な質問ならできるようになると思います。
その際はよろしくお願いします。

早速ですが我がCGモデラー老師のはるさんが、二胡を作り替えてより造形を整えてくださいました。
そこでいよいよこの二胡に命名してみようと思ってます。
候補として小春・・・そのまんまですが、春子よりちょこっとましなような(^_^;)。
この小春というのは中国語でなんと発音するのでしょうか、宜しくお願いします。

今回の燕になりたいもなんともロマンチックでいい曲ですね。
それにビデオも左手の二胡の持ち方や指使いが良くわかって参考になります。
三児
2013/05/11 16:25
三児さん、コメント有難うございます。
こちら二胡絵専用ギャラリーということで、
作品数も増えて来ましたね♪

膝上丈のはニーハイブーツというんですね!
ネット通販で見て、勉強になりましたわ^^)
そのうち手頃なのが見つかったら、年齢制限に
めげず^^;)買っちゃおかな・・・と。

渋い絵はまだ先でいいんじゃないかな・・・
今の手法を発展させるのも面白いと思います
よ・・・はる老師、ものづくりのプロって感じで、
対応が速い〜!さすがですね。

小春(シャオチュン)いい名前!
中国映画の『北京バイオリン』ご覧になりま
した?あの主人公の少年の名が小春です。
感動しました〜(TOT)まだでしたら是非。
中国では小さい子や年下の人の一文字の名前
に小をつけて親しみを込めて呼ぶみたいです。
中国語辞書NAVERで、手書入力で小春と入
れると本場の発音が聞けますよ(^O^)
名前をつけて呼んでやると愛着もひとしお
ですね❤

なんにしても、こちらがあれこれ言わなくても
三児さん自分で研究していける人だから・・・
私も二胡の老師にそう思われるようにならんと
いけませんわ(^o^;

にこーる
2013/05/11 19:54
シャオチュン!有難うございます。
予想以上によい響きの名前ですね、中国語辞書NAVERでも聞きましたがビックリです。
それに『北京バイオリン』の少年とも同じ名前だったとは。
これはもうシャオチュンで決定です、はる老師にも報告しなければ。

『北京バイオリン』は映画館ではなく確かBSで見ています。
少年からお父さん、脇役まで人物設定が実に巧みで良かったですね。
ふと気がつけば中国映画は結構沢山見ておりますね。
『初恋のきた道』とか、渋さの極み『単騎、千里を走る。』とか。
そう言った映画の音楽も好きだからかもしれません。

渋い絵はまだ先で・・・そ、そうですか、本人は渋い絵でも作れば貫禄が出て良いんじゃないかと(^_^;)
いやいや、そう言うつまらぬ動機で絵造りしてはいけません。
三児
2013/05/11 20:55
はる老師、喜んでくださるかな・・・^^)

中国映画、いいのありますよね。
『初恋がきた道』など、あの音楽を聞いた
だけで胸キュンです。
あの曲、二胡で弾きたいと思いつつ、
まだ楽譜を手に入れていませんが(^_^;)
『単騎、千里を走る』というのはまだ
見てないですね。今度見てみようかな♪

いえいえ^^)、渋い絵はかなり年配になっ
ても作れるような気が。
今は新しい手法を色々試してみられると、
違う三児さんの絵が見られてこちらは
楽しいんですよね(^^♪
今回のバックも洒脱なセンスで好きでした
^^)
にこーる
2013/05/11 23:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
〈小鳥とおしゃべり『空山鳥語』〉CGアーチスト・三児さんの作品。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる