彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈“草原新牧民”駿馬未だ鳴かず。〉

<<   作成日時 : 2013/05/04 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


世間はGWまっただ中ですが、
二胡レッスンに行って来ました。
いつもの土日より駅周辺人出が多く、
N市K山駅の南口を出たところで
南米の民族楽器のバンドが路上ライブをやっていて、
『コンドルは飛んでいく』とか
いいな〜魂感じる
しばし聴き入る・・・




画像





連休はレッスンが少ないのか、教室はひっそりしていて、
老師がおひとりでいらっしゃった。
“今天很暖和。(今日は温かいですね。)”などど世間話をして、
すぐに“草原新牧民”を最初から前回やったところまで一緒に弾く。
前回のレッスンで途方に暮れた散板の部分、
あれからあれこれ動画を見ては、自分でも試行錯誤、
なんせ「散板=自由に弾く」わけだから、
演奏者によって弾き方がみんなちがうのよね〜
見本にならんじゃん、などと悪態をつきながら、
ようやく何をやってるか分かってきた(遅っ
分からんところを老師に再確認。
「演奏者の技巧のみせどころ」だそうで、
素晴しければある程度好きなように弾いていいのだろう。
まあ、私みたいに技巧のない人はそれなりに・・・




で、馬のイナナキがうまくできないので、重点特訓。
文字通り手取り足取り・・・さすがに足は必要ないが
人が聞いたら、鶏絞めてるかと思うわ
それと馬の蹄の音、こっちはちょっとやりやすいかも。
練習しなきゃ・・・家でやると家人がびびるのでやりにくいんだけど。




今日は快弓の部分とB♭に変調する部分をレクチャー。
特に難しくないんだけど、ただ速く弾かなきゃいけないので。
「急ぐ必要はない、力をぬいて、間違いなく弾けるように練習を。」
老師のこの快弓部分の弓の動きは
まったく余分な力が入っていなくて、美しい
なめらか〜の極致です
「你一定做到。(必ず出来るようになりますよ。)」
なんでも、私は再来年にはできるようになるらしい。
さすが老師、私の習得速度分かってらっしゃる
さて、次回のレッスンは18日。
“草原新牧民”も大詰めだわー。
老師は次の日からひと月中国へ里帰り。



 ・・・・・・・・・





最近見つけた動画ですが、劉長福、于红梅などなど、
一流演奏家が集まっての豪華な合奏。
運弓が美しく揃って見とれてしまいます。
実はリハで劉先生だけみんなと弓が違ってて、
「もーみんな真面目なんだから・・・」とか
ブツブツ言いながら直したりして・・・。
(注:私の妄想です









散板の部分(02:40ぐらい〜)こんな大勢じゃあバラバラになっちゃうじゃん、
と思ったら、センターの劉先生だけが独奏(最高技巧の)で、
贅沢なことに于红梅さん以下は顫弓(チャンゴン/トレモロ)で伴奏。
劉先生、今回はダークスーツでカッコイイです。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
路上ライブ、良かったですね。
私も去年路上ライブで『コンドルは飛んでいく』を聴きました。
その時は南米、おそらくペルー本場のバンドだったと思います。
他の曲も日本には無い曲想で、そこに惹きつけられました。

>鶏絞めてるかと(;>_<;)!
すみません、表現が面白かったので妙な部分で反応してしまいました(^_^;)
ご本人がそう感じておられるだけで、そんなことはないと思いますけど。
でも私等が思うよりよっぽど難しいみたいですね。

鶏締めているような声、という表現はよく聞いたり読んだりしますが、よくよく思い出してもリアルで聴いた記憶がありません。
田舎の親戚が飼っている鶏を自分で締めて、さばいて料理すると聞いて、凄いなと思った記憶はありますけど。
想像するに、ぴ〜、とかコケッとか、いや変にこだわってすみません(^_^;)

劉先生、一流の演奏家を伴奏に散板の演奏、気持ちよさそうですね。
聴いている此方も気持ちよかったです。
おかげで散板の演奏もどういうものか良くわかりました。
三児
2013/05/06 22:10
三児さん、コメント有難うございます^^)
同じバンドかも!南米から日本へコンサート
ツアーしに来てるみたいでした。
その宣伝としての路上ライブだったようです。
楽器の音が独特で、すごい惹かれますね〜。

なんだか“鶏絞めてる”がツボにハマって
しまわれたようで・・・(そこかいっ^^;)
でも考えてみたら私もリアルで聞いたこと
ないですわ(*_*)モノの例えとでつい・・・でも
鶏の声が模写できたら、それはそれで芸に
なるかも(^^)v

自分も気持ちよくて、聞いてる人も気持ち
いい・・・そんな風に弾けるようになると
いいんですが・・・確かに老師の言われるよ
うに再来年ぐらいには、ひょっとしたら・・・
(^^)


にこーる
2013/05/07 20:00
にこーるさん

レッスンお疲れ様です
(o^−^o)

草原新牧民、難しいですよね(つд`;)

僕は嘶きもそうですが、蹄の音も出せず、今シャカシャカ地獄にハマっています。

先生のようなカチカチッていう感じの音にはほど遠く永遠シャカシャカです(笑)
( ̄▽ ̄;)

ジャンリーイェ
2013/05/07 23:46
ジャンリーイェさん、
コメント有難うございます(*^_^*)

あれ、シャカシャカだったんですね。
私の場合なんだかバサバサいってますが^^;)
ジャンさんも草原新牧民ですか、
なんかすごく、進みが早いですね!
完成度も私とはくらべ物にならない感じ・・・
ジャンさんの草原新牧民きっとカッコイイ
でしょうねー(^^b)
聴きたいな〜❤
にこーる
2013/05/08 19:29
ずっとシャカシャカです(笑)

いえいえ、にこーるさんのほうがレッスン速度早いですよ(≧∀≦)


最初、懐北〜やる予定が、曲が長いから、独弦操やろ!!ってなって、それが終わって今僕がリクエストして草原なので、月夜とかもまだ全然習ってないんです(笑)( ̄▽ ̄;)

まだ全然早く弾けなくて、落馬しそうな勢いです
(つд`)


にこーるさんもブログに書かれてる、嘶き前の自由に弾くトコもトリルが〜って感じです(*^^*)
ジャンリーイェ
2013/05/08 20:57
ジャンさん、
(いつの間にやらジャンさんに・・・(≧∀≦)
曲の完成度が比較にならないから・・・
私の場合、全然できてないのにどんどん進み、
習ったけど弾けない曲が累積するばかり^^;)

きっと月夜だってすぐに弾けるように
なっちゃうんだろうな・・・ちなみに私は
人前で弾いて許せるレベルになるまで
2年かかりましたっけ・・・(=_=;)

あの青いテキスト、私もやってない名曲が
多々あって気になってます(^^)
にこーる
2013/05/08 23:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。〈“草原新牧民”駿馬未だ鳴かず。〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる