彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆかしい人の温もりの家で・・・ご新居で生演奏!

<<   作成日時 : 2013/04/06 00:06   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


昔むかし、住宅会社でインテリアを担当してた時の
同僚のMさんのご自宅が完成したので、
はるばるお隣の県まで遊びに行って来ました。




古民家の移築といって、
解体した古い民家の材料を使って新築の家として甦らせる。
モダンな感覚を持った雰囲気ある和風の家ができるので
人気がある工法です。店舗などでもよく見ますが、
身近な人がこれを実行するとは
ぜひ、見学にうかがわなきゃ




画像

                懐かしい日本の家屋の、あたたかな居心地の良さ。
                リビングにはコチコチ・・・と
                ゼンマイ式の振り子時計の音が・・・




この日うかがったのは元同僚4人。
全員別の支店勤務でしたが、その昔の戦友みたいな感じで、
数年ぶりの再会でしたがブランクを感じず、
懐かしく、自然に会話に溶けこめました。




画像

               水屋のタンスは新居のために買った
               数少ない家具だそう。                
               存在感があってこの空間にピッタリ。




さすが、奥さんがインテリアコーディネーターだけあって、
見た目だけでなく、しっかり機能的で、
キッチン、サニタリー、ユーティリティー、
すごく使いやすそう。
住み心地いいだろうな・・・




画像

               玄関ホールの吹き抜け。
               引き戸の向こうがリビング。
               二階は主寝室とゲストルーム。




Mさんに“新居が完成したら、ぜひ、二胡の生演奏を!”と
ずーっと以前から言われていて、
とうとうこの日、彼女のリクエストにお応えすることに・・・
お仕事をされていたご主人も仕事場から出てこられ、
リビングでプチ演奏会。



《曲目》

花〜すべての人の心に花を

梅花三弄

蘇州夜曲





画像

               前の写真、吹き抜けの下の部分。
               お洒落な美濃和紙のスタンドが。




音がキレイに響いて効果バツグン
とっても気持ちよく弾かせていただきました。
普段忙しい方々に「癒される〜」という
二胡弾き冥利に尽きるお言葉をいただきました。
二胡の演奏を生で聞くのはみんな初めてだそうで、
興味津々、いろいろ質問され、説明しました。
ああ、ささやかながら普及活動が出来た。
うれしいなぁ〜




画像

               洗面スペース。
               まったく、展示場だわね


               

行ってみて分かったのですが、
こちら東名高速のICのすぐ近く。
私の家も東名のとあるICから近いので
車なら一時間かからないわ。
また寄せてね、今度はお泊りプランで


Mさん、そして優しそうな旦那さん、
お邪魔しました、ありがとう









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんということでしょうか、あの古い古民家が、このようなモダンなお住まいに!
という某ビフォーアフター番組のナレーションが聞こえてきそうな記事ですね。
本当に綺麗。
写真の撮り方も、お仕事の関係で覚えられたのでしょうか、構図が的確で素人ととは思えないです。
照明の扱いなどCGの参考に成るほどです。
プロの方が関わると、このように素敵なお住まいが出来るのですね。
古材は新材には真似できない味が出せると思うのですが、それだけに扱いこなすのは難しそうと思います。
CGでもピカピカの建造物を表現するのは割と簡単ですが、古民家を表現するのは難しいです・・・
あ、自分はピカピカは作ったことはあったけど。古民家はまだやった事がなかったのだった(T_T;)

それにしても学校の教師、二胡奏者(二胡弾き)その上インテリアデザイナーまで!
本当にすごい方なのですね。
CGしか脳のない(それも有るのか無いのかわからない)私等がお付き合いいただいて良いのだろうかと思ってしまいます(T_T;)
蘇州夜曲の生演奏が聴けるにこーるさんのお友達が羨ましいです。
三児
2013/04/06 16:41
三児さん、有難うございます(^^)
私もあの番組みたいだな〜(^^;)、と思い
ながら書きました。
やはり古民家再生には普通の新築住宅には
ない味わいがあって、いいものですね。
そういう工法を選ぶ時点で施主のこだわり
が強く感じられるし・・・やはり、古い材料
を使いこなすには技術が必要らしく、
柱の芯材が割れてきて、夜、音がするとか、
安全性には問題はないですが、
色々面白いことがあるみたいです。

CGで古民家を表現するのは難しいと
いうのは、なんだか想像出来ます。
でも三児さんならやる気にさえなれば
いい雰囲気の古民家を作られるのだろう
なぁ〜と思いますヨ。
これは三児さんの作品を色々見てきたから
そう思うのですけど。冷たいイメージの
あるCG画に心、暖かさがあるから・・・(^^)

私の場合、興味が移るとそちらに走って
しまって戻れなくなり、結局何事も中途半端
なだけで、お恥ずかしい限りです。
これからもウロウロバタバタしてると
思いますが、どうぞ寛容な心でご覧くだ
さいませ・・・(^o^)/
にこーる
2013/04/06 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゆかしい人の温もりの家で・・・ご新居で生演奏! 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる