彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈“陝北抒懐”と次回予告。〉

<<   作成日時 : 2013/02/23 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


二胡レッスンに行って来ました。
発表会から一週間、「辛苦了〜。(シンクーラ/お疲れ様〜)」という感じですが、
老師からの演奏についての総評は特になく、
こちらも「どうでした?」と聞くのもコワイので、
その件については触れぬままレッスンへ。




「“陕北抒怀”もう少しやりますか?それとも次の曲にいきますか?」
と聞かれ、ボロボロの“陕北抒怀”、
老師から教わらなきゃいけないことが山ほどある。
ありすぎて何から聞いたらいいか分からんぐらい
今日は老師と3回一緒に通して弾き、
(長いし、力が要るし、テク満載なので、1回弾くとメチャ身体に応える
どうやって弾いたらいいかわからない部分を教わり、
老師の演奏を見せて聞かせていただいた。
前回よりはついて行けるようになったかな・・・まだまだだけど。
「引き続き、たくさん練習してください。」とのこと。
そう、レッスンが終わってもこれで終わりではなく、
弾き続けなければ、自分のものにならない。
忘れていくだけだ。




「つぎにやりたい曲はありますか?」とまた聞かれたので、
老師が前回すすめてくださった“独弦操”にしました。
弓の力量を養うためにもいいということで。
やりたい曲・・・と言われても、
一応、テキストの中ならどれでもいいとはいっても、
どの曲が自分にひけるのか分からないし、
あまりに身の程知らずなことを言っても笑われそうだし。
しかし、弾きたい曲がないなんて、夢も希望もない生徒みたいだから
やはり自分でも考えないといけないな。




時間がなくなって、“独弦操”の指と弓の確認しかできませんでしたが、
これまた刘天华大师(劉天華先生)の作曲です。
バイオリンで“G線上のアリア”という超有名な曲がありますが、
それと同じように二胡の2本の弦の低い方、内弦(里弦)だけで演奏します。
一番低い音はD(レ)、それから2オクターブぐらいの音域がありますが、
内弦の高音をキレイに出すのはとても難しい。
以前は無理〜と思っていましたが、
孙凰(スン・ファン)さんの“独弦操”を聴いて・・・





                 Meditation on a Single String
                      (一本の弦の上の瞑想・・・か、なるほど。)




なんて愛おしげに二胡を弾くのでしょう。
二胡と一つになって音を奏でています。
そして刘天华特有のキレイでつかみどころのないこの曲を
なんとドラマチックに解釈して弾いているのか。
なんだか彼女の演奏を見たら「頑張れるか〜も」と思いました。
つまり、具体的な目標(遠すぎるけど・・・)が見つかったわけです。
チャレンジしてみます。




4月に行われる老師のコンサートの告知です。
我々生徒も大合奏で出演させていただくのです。
夢の宗次ホール・・・私の力では一生無理だわ
感謝、老師




画像





老師ならでは、中国経典(クラシック)曲ばかりの、
マニア垂涎のステージです
お問い合わせはこちら→










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一生無理、だなんて(〃^ー^〃)

これほどに二胡を愛し
真摯に切磋琢磨されていて
二胡の神さまが
放っておくなんてわけが
ありませんっ( ̄▽ ̄)ゞ

夢や希望、目標を胸に
どうか力強く
ファイトです☆
応援しています!
ぷりん
2013/02/24 09:37
老師も察してちょこっと総評なりご感想など聞かせてくだされば良いのに、と、思ってしまうのですが、老子は二胡に限らず、元々そういうものなのかもしれないですね。

そうそう、
>孙凰(スン・ファン)さんの“独弦操”
の演奏、芒洋と抱いていた女性演奏家のイメージに近いです。
愛おしげに二胡を弾く、これが重要なキーワードになりそうです。
赵梦麒さんの演奏に翻弄されて暴走仕掛けた二胡姫の方向修正が出来るかも。
イエ赵梦麒さんの演奏も充分素敵なんですが(^_^;)

独弦で演奏というのや解説も面白かったです。
なので弓の力量を養う、ということになるのかな、と思いました。
三児
2013/02/24 10:19
ぷりんさん、
二胡の神様ですか、
いるのかな?
きっといますね!
これから毎晩お祈りしよかな(^_^)
ぷりんさんの前向きなプラスのパワー
いただける気がしました。
謝謝、謝謝☆彡
頑張りましょうね♪
にこーる
2013/02/24 13:20
三児さん^^)、
人を批評するのは難しいですからね。
それでなくても言葉のハンデがあるので・・・
誤ったニュアンスで伝わるといけないし、
随分気を使ってみえると思います。

演奏家の方も色々アクションをつけたり、
表情を作ったり、ホントに泣いちゃったり
される方もいますが、そこまで入り込めたら
凄い〜^^;)

二胡にとっては運弓が最重要で、
音がなくても弓の動きで上手か下手かすぐ
わかるんです。
動画で見ると、自分全然だめじゃんと、
いつもがっかりします。老師はそんな私を
お見通しなのですわーー;)
にこーる
2013/02/24 17:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。〈“陝北抒懐”と次回予告。〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる