彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 〈New二胡姫は叙事詩のヒロイン?〉CGアーティスト・三児さんの作品。

<<   作成日時 : 2013/01/17 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


以前、素敵な二胡姫のイラストで、
ご紹介させていただいたCGアーティストの三児さんが、
新たな二胡姫のイラストを発表されました
(←こちら部分です。全体は・・・)




画像





画像





なんだか映画の一場面みたいでしょう?
いろんなドラマが潜んでいそうで、ちょっとドキドキします。
画面の右端に“二胡姫 月夜”と書かれていて、
明るい月明かりに照らされた山の風景が
中国の山水画の形だけど、
いかにものどかで暖かく、
人が幸せに住んでいそうで
今度、私が発表会で弾く曲も“月夜”なんですが、
なんだかとっても、晴れがましいというか、
思い出になるなぁ・・・と、
感無量でございます・・・
(この絵を思い浮かべながら、頑張って弾かなきゃ




画像





それから、New二胡姫は、超美形でセクシー、
若干少年のような風貌でもあります。
なんとなく“月夜”よりも、
勇壮な“赛马”あたりを弾いていそうですが。









马向华(マーシャンファ)さんの“赛马(サイマー)”です。
この曲は、モンゴルの遊牧民のお祭りの競馬の情景を
描いた超有名な二胡曲で、
二胡を始めた人は皆、この曲を弾くのが夢であります。




三児さん、この絵を制作するために、
二胡演奏の動画を何度も見て、姿勢や動作を研究されたとか・・・
こんな風に、二胡の魅力を知っていただけて、
それが世の中に広がっていくのが、すごく嬉しいです
ひとつ、後世に残るものが生まれた気がする・・・
三児さんに感謝です。




三児さんのブログ、『三児のCGトリックアート』には、
製作テクニックの解説、苦心談などがつづられ、
魅力的なグラフィックが満載です。
是非、ご覧ください。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
早速にご紹介、ありがとうございます(^^
しかも拍手まで(^^

二胡に限らず楽器を弾く方にはとても憧れがありまして、何度か絵にしているのですが、こうやってリアルで演奏する方に認めていただいたのは初めてです。
もちろんいたらぬところは多々あると思います、次回作成するときは、もっと詳しく調べて作成したいです。

二胡姫は微ながらも改良を加えていこうと思います。
というか、題材の曲に合わせて、容姿を変えられるくらいになればいいのだけど・・・
赵梦麒さんの月夜の演奏を見て、かなり力強い曲の印象があったのですが、にこーるさんや、女性演奏家だと、穏やかな印象の曲になるのかもしれないですね。

赛马も豪快でよいですね、
弦を爪弾く様子やラストの馬のいななきを模した演奏も面白かったです。
赛马なら、この二胡姫も今度のセクシーポーズ(^。^)?もぴったりかも。

確かに苦心しましたが、面白くもありました。
しかもこうして二胡奏者の方のブログに絵を残していただいて、こちらこそ感謝です。
三児
2013/01/18 17:15
三児さん、お疲れは癒えましたか?
口絵の二胡姫、勝手にトリミングして
すみません。あと、二胡姫のお化粧後の
アップも持ち出しちゃって・・・
お叱りを受けると思いましたが(^^;)
キャラクターや、風景などを作り上げるのは
大変テクニックと手間が必要なのですね。
素人には想像出来ませんが、
CG界のお仲間のコメントから察するに、
三児さんは、凄い方なのではないかと
今さら・・・ああ、知らない事とはいえ、
恐れ多いことです!(*´∀`*)

赛马は気に入っていただけましたか?
月夜と赛马は、静と動、両極の曲想ですが、
実は月夜にも内に秘めた情熱を感じます☆彡
そこが二胡姫のイメージにぴったりですね。

私は二胡奏者などと呼ばれるのも
おこがましい者ですので・・・
色々失礼なことも多いと思いますが、
これからも広いお心で、
よろしくお願い致しますm(_ _)m。
にこーる
2013/01/18 21:02
恐れ多いことなどと、それこそ恐れ多いですトホホ(^_^;)
趣味の世界とわ言え、プロ級の方、や、本当にプロの凄い方も知っていますし、
しいて凄い部分といえば、夢中でやっている具合では、凄い部類に入るのではないかと自負しています。
二胡のために中国語まで勉強されている、にこーるさんには、この感じ、わかってもらえると思います。

ここに来れば何より二胡の名曲や名演奏を聴くことができ、楽しみも増えました。
之からも二胡絵を作るとき、なるべく調べて作成しますが、時折変なのも作ってしまうかもしれません。
そんな時も広いお心でお付き合いくださいませ。
三児
2013/01/19 14:53
三児さん、ご返信有難うございます(^_^)
“夢中でやることでは凄い部類”・・・うん、
やはり、そう言えることが凄いことですよ。
私も見習わなくては・・・

ところで、二胡のことを知らない
三児さんからいただいたコメントの中で
気づいたのですが、私の記事はかなり
自分勝手に書いていて、すごい説明不足、
多分ぴんと来ない事が多いですよね。
もう少し分かりやすく説明をしたり、
曲の紹介とか書こうと思いました。
“二胡の魅力の振興”
これを今年のテーマにしてみます!
(オオゲサ?^^:)

CG制作でお疲れの時は、ぜひ癒しの二胡で
和みにいらしてくださいね(^^♪

にこーる
2013/01/19 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
〈New二胡姫は叙事詩のヒロイン?〉CGアーティスト・三児さんの作品。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる