彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈“陝北抒懐”と、弦弓換えました。〉

<<   作成日時 : 2012/12/13 00:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


一昨日の月曜日、ムチャクチャ寒くて雪が降り
何が怖いって、帰りに電車が止まっちゃったら・・・
で、レッスンを今日(12日)に変更してもらいました。
同じく、中国語講座も休んでしまったので、
その時間にやった教材をいただきに、まずA大へ。
そしたら二胡レッスンに遅刻しそうになり、焦る




駆けこむように教室に入り、
先に発表会の曲を練習、というので汗かきながらひと通り弾く。
終わった途端に上着を脱いで、エアコンを止めていただき、二度目。
今度はちょっと落ち着いて弾けたが、
なんで、家であれだけ練習してるのに、間違うかな〜
それにやはり着込んでいると、音が吸収されてしまうのか、
一回目より、上着を脱いだ二回目のほうが音が響いて弾きやすかった。
自分として少し盛り上げたいのに、力が入らない部分があり、
そこを老師に相談、少し一緒に弾く。
これからレッスンの度に、二回ぐらいずつ伴奏に合わせて練習する。
ピアノ伴奏になれないので、ちょっと違和感を感じる。
そのうち慣れるかな。




前回の“陝北抒懐”の1ページ目を老師と二回弾き、
ちょっとわからない部分を確認してから、2ページ目へ。
撥弦のところが、どうやっているのかわからず、
わかっても音がうまく出ず
でもそこばかりにこだわってると先に進まないので、
「ここは、家でじっくり練習してきて。」という感じで次へ。
先に指番号を確認しなかったので、なんとなくウロウロで進む。
まあ、いつもそんな感じだけど。
レッスンでバッチリ弾けるなんて、私の場合皆無だな
家でやってきます、スンマセン・・・みたいな。
二胡始めた時からず〜っと、出来るようになるんかな、コレ
の繰り返しで・・・
それに、今日は発表会曲の練習も入ったので、時間がなかった。




今日は老師に弦を変えていただいちゃった。
以前は自分で変えてたけど、やってもらっちゃうと甘えちゃって、いかんな。
〈FangFang金ラベルSoLo〉と〈トマスティーク二胡弦〉のふたつ持って行って、
老師が前者がいいとおっしゃるので。
その上、弓も新調し、家で弾いてみたら音が大きくなり、
高音がキレイに出て感動
弦と弓、同時に変えたのでどちらが悪かったのかわらないが、
弓は昨年9月、弦は12月ごろ変えたので、どのみち寿命でしょう。
音が出にくくストレスを感じていたので、スッキリした。
早く変えるべきでした。




さて、“陝北抒懐”の動画を探しては見ていますが、
あまり多くなく、特に女性が弾いているのが少ないですが、
聞韶軒絲竹室內樂團、張雅玲さんという方の演奏
キレイな方なんですが、演奏中の表情がコワイ・・・
まあ、気持ちは分かりますが
それに、凄いなと思うのは、演奏中に弦の音の微調整をしてる
これはちょっと、真似できない行為ですわ。









そうそう、老師に「どうしたら発表会で緊張しないで弾けますか」と伺ったら、
「什么都不想,什么都不看(何も考えず、何も見ず)」ただ演奏のことだけ考える、
・・・のだそうです。
おっしゃるとおりですが、それが出来れば苦労しないのですわ・・・。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は(^^

二胡を演奏される方の練習とは如何なるものか、興味深く拝見しました。
服による音色の違いは、繊細な注意力を持って練習されているから、わかるのだろうと思いました。
二胡の弦の張り方はとても難しいらしい、それによって音色に随分影響が出るらしい、大体一年おきくらいに変えるのか、というのも初めて知りました。

陝北抒懐もいい曲ですね。
きっと二胡愛好家の方々には有名な曲なんでしょうね。
それに奏者の方によって、演奏スタイルも随分印象が違うものだなと思いました。
確かにコワ・・・いえその迫力ある演奏でした(^_^;)
前回の于红梅さんの静かで叙情的な演奏とずいぶん違います。

(何も考えず、何も見ず)
少なくとも私には出来そうもありません(^_^;)
いつか体得されるとよいですね。
三児
2012/12/15 20:26
今晩は、三児さん。
ようこそです。
二胡の弦を張るのは難しくないのですが、
普通一年はもたないんです。
タイミングの問題で・・・
発表会の時、一番良いコンディションになる
ように我慢してました(^^;)
サラリーマンの勤務時間並に練習する人なら
ひと月ともたないみたいです。

陝北抒懐は習い始めるまで、
ちゃんと聞いたことがなく(笑)、
こういう曲をまさか自分が弾くことに
なるとは・・・でも、曲との出会いも縁なので、
大切にしたいと思っています。

張雅玲さんもきっと江南春色を弾く時は
優雅なイメージなんでしょうね(^_^;)
私もどちらも弾きこなせるようになりたい〜!
ですが、老師のように(何も考えず、何も見ず)
の境地にはとうてい到達できないと思います・・・。
にこーる
2012/12/15 23:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。〈“陝北抒懐”と、弦弓換えました。〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる