彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<エキゾチックな“瑶族舞曲”>

<<   作成日時 : 2012/07/11 22:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


7月に入ってからイベントがいっぱいで、何から書けばよいのやら・・・
まあ、ぼちぼち書いていきますね。
とりあえず、9日の二胡レッスンのこと。
あまり弾けるようになっていない宿題の“同一首歌”。
練習曲をあまりトチると恥ずかしいので、
せっかく弾いて行ったのに、今回は練習曲ナシでいきなり曲に。




小市民寄席一色だったこの数週間、練習どころではなく、
この“同一首歌”を弾くコンサートに私は出ない予定なので、
まったく気乗りがしておらず・・・
今日、下のパートをやるのかなぁ・・・と思ってたら、
老師が“瑶族舞曲(ヤオズーウーチー)”の譜面をくださいました。
この曲は、よくB♭の譜面を見ますが、この楽譜はD調でした。
多分、私には無理と思って、移調して楽譜を作ってくださったのでしょう。
「作るのに2日かかりました」と老師(もちろん中国語で)。
「ああ、それは、謝謝。」と私(最近、日中混ぜこぜ)。
で、レクチャーに突入。
B♭からDに転調したのに全然違和感なく、
楽譜に♯♭まったくなし、指使いも自然で不思議〜・・・・・
この曲は以前、前の教室の発表会で初めて聞き、
最近、YouTubeで程農化さんが綺麗なお弟子さんたちをバックに弾いている動画を見つけ、いいな〜と。
(程農化さん、5月の末にご逝去されたとのこと・・・太遗憾了。)
それほど難しい部分はないので、後は弾き慣れて、
独特の雰囲気をどれだけ出せるか・・・。
2週間後のレッスンまでに無意識に指が動くようにしよう。









このところ、また二胡ちゃんの音が気になり、
老師に見ていただいた。
雑音がまじり、かすれたり、いい音が出なくて憂鬱になる
「梅雨時のせいもある」とのこと。
この二胡ちゃんも私のもとにきて2年が過ぎた。
新品のうちは音が出にくいので、
音が大きくなるコマを付けてくださっていたらしいが、
音量が出るようになった今、その分雑音も気になるようになったので、
コマを変えてくださった。
黒檀風のよく見るコマ。
やはりちょっと雑音が少なくなった・・・?
前の先生はコマは蛇皮の部分との接着面が小さいほど、
音の響きが大きく、良くなると言っていたが、
老師に聞いたらそんなことはないとのこと。
色々な面で、ことごとく違うんですよね。
何が正しいのやら。




画像





   ・・・


7時50分から中国語講座。
やはり勉強不足で四声の間違いを3ヶ所指摘された。
短い文章の中で3ヶ所というと、やはり大きい。
先生はやはり、発音特訓講座をやろうと思うから、
出てみますか?とおっしゃっていた。
発音矯正はつらい。
(昔、中国人の留学生に逐一直された経験から)
できれば回避したい・・・
読む練習を強化して挽回を図ろう・・・。




次回は近日中に、前に行ったアコーディオンのコンサートの件、書こうかな









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<エキゾチックな“瑶族舞曲”> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる