彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<“蘆柴花”ってどんな花?>

<<   作成日時 : 2012/01/23 22:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


21日土曜日、発表会後初めての二胡レッスンの日でした。
「辛苦了。」(お疲れ様でした)などとと、発表会をねぎらった後、
老師といつものように練習曲を弾く。
3ページ目の練習曲、いつも弾いている最初の方の曲なのに
「你学过吗?」(習ったことがありますか?)と質問されるので、
老師、お疲れのあまりどうかされてしまったのかと不安になりなしたよ




7曲続けて練習曲を弾き、
発表会の演奏はとてもよかったですよ、と老師。
「我很紧张,所以左手动不了。」(とても緊張してしまって、左手が動きませんでした。)
この可能補語はこれでいいのかしかし通じたようだ。
老師は、次回はそういうことがないようによく練習しましょうとおっしゃった。
主持(ジューチー/司会)もとても良かったと。
・・・ああ、打上げのね
「我的汉语,您明白了吗?」(私の中国語分かっていただけましたか。)
「明白了、明白了。」(わかりましたよ。)と老師、にっこり。
あの四声メチャクチャの中国語、通じたんだ、よかった
ひとしきり、老師と娘さんと3人でこの話題でおしゃべり。
レッスン風景こんな感じ




発表会後初めてのレッスンなので何をやって行けばいいのか分からず、
とにかく全然完成していない“梦幻<トロイメライ>”を練習していったが、
(結構、一生懸命)今日は違う曲をやった。
“拨根芦柴花”という曲で、江苏民谣;(江蘇省民謡)だそうです。
柔らかい独特な節回しが江苏民谣;の特徴だそう。
芦柴花(ルーチャイファー)ってどんな花なのか、
辞書にのっていないし、検索しても花自体の画像が出てこないのでわからない。
老師いわく、滑音ぽく、揉弦ぽい感じのテクで、歌うように弾く。
この二胡らしいふわ〜んという感じが
出来ないんですよね、私。
曲が直線的になっちゃって。
こういうの出来るようになれってことですよねー。
小曲で練習しましょう、すると、独奏曲の演奏の技術が進歩します・・・とのこと。
この曲で、D調子第一ポジション内弦の5(ソ)から3(ミ)、
全部の指を弦の上に置いて、小指と薬指だけ中指の方にすりあげるような感じ。
難しい・・・上手く指が動かないし
曲も初めて聞く曲だし。
家に帰って検索して二胡で演奏している動画を検索してみたら、
十代らしき女の子がすんごい速度で演奏してた。
今年は心を入れ替えて精進すると決めたので、
老師の出される課題はこなさないと。




画像

                発表会の打上げ兼、新年会のビンゴゲームで
                当たったキラキラ亀のキーフォルダー。
                ヒカリモノ大好きです。
                進むの遅くても、こんなに輝けるなんて。  
                いいなぁ、お守りにします。




次回のレッスンは2月11日で、3週間後です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<“蘆柴花”ってどんな花?> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる