彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<『夢幻』〜舒曼>

<<   作成日時 : 2011/10/23 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


二胡レッスンに行ってきました。
今日は雨の予報で、どんより曇り空、蒸し暑いような嫌な天気。
でも、さすが晴れ女の私は雨に濡れることなく、行って帰って来ました。
教室に着くと、老師の奏でる妙なる二胡の音色が・・・
これは・・・『トロイメライ』かしら。




いつものように青い教本(知ってる人だけ分かる)の
2〜7ページの練習曲を老師と一緒に弾き、
(『劉天華練習曲三十八』の途中で眠くなり、小節を飛ばして弾きそうになる。
对不起 老师・・・
そののち、発表会の楽曲『春江春月夜』を一回弾く。
まあ、わりとスムーズになってきたかな。
問題なかったようで、今日は新しい曲に。
「今天开始学新的乐曲。」
『梦幻(モンファン)』−舒曼(シューマン)、
最初に老師が弾いて見えた曲。
『トロイメライ、子供の情景Op15』シューマン作曲のことでした。
こんな曲→もちろん二胡演奏動画はないのでピアノ演奏で) 


 


二胡でも西洋のクラシック曲は随分弾かれていますが、
プロの方々が美しく弾かれるのを聞くのは好きです。
でも、自分で弾くのは・・・苦手。
音程が外れるととてつもなく情けなく、下手に聞こえるし。
味がある、とかいう問題じゃないし
とか言っても仕方ないので、レッスン開始。
数小節ずつ、老師が見本を見せてくださり、
その後何度か一緒に繰り返して弾いて、
ひとりで弾いてみて、良ければ次へ。
半分まで行ったらまた最初に戻って全部弾いてみる。
本当に手ずから教わっているという感じですが、
おんなじこと何回言わせるねんって、自分で突っ込みたくなる
老師のお言葉にも若干、イラつきが・・・と感じるのは
もちろん私の気のせいですが、
自分が先生ならこんな生徒、間違いなくキレるな
G調の第二ポジションまでをフルに使い、
ちょっと第三ポジションにも入るか。
これはG調のポジション練習にはまたとない教材ですわ。
「慢慢练习吧。(マンマンリェンシーバ/ゆっくり練習してねー)」
まぁ、この曲ゆっくりなのだけが救いですわ。




前日の晩、中国語の講座があり、
そこで一緒に勉強しておられる方がやはり二胡を習ってみえ、
12月の第3日曜日に発表会があるので是非と誘ってくださった。
10何人かの生徒さんのこじんまりした教室で、
その方は『喜唱丰收』をソロでと、
どこかの地方の『葡萄熟了』を二人で弾かれるとか。
『喜唱丰收』か・・・2年ほど前、泣きながら練習した日々が蘇る。
あの曲を発表会で弾くとは、かなりの腕前
なんだか、楽しみが増えました。
中国語の授業では、読みが下手で老師に練習するよう
釘を刺されましたが・・・




※『トロイメライ』はドイツ語で「夢みごこち」という意味だそうです。
難しいので、弾きながら眠くなることはないと思いますが・・・










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トロイメライ!
弾きた〜い、けど実力ありません・・・
ゆったり静かな曲をきれいに弾けたら、綺麗ですよね〜
サンちゃんち
2011/10/24 19:08
“ゆっくりなのだけが救い”と書いてしまいましたが、
全然救いどころか・・・!第二〜第三ポジションの連弓、
長弓ばかりなので、『月夜』よりさらに音が出しにくい(泣)
苦し〜い、、、ギシギシ言っちゃいます。
にこーる
2011/10/24 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<『夢幻』〜舒曼> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる