彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<『春江・・・』と二胡メンテ>

<<   作成日時 : 2011/09/26 00:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


秋晴れの大変良い天気。
24日の午前中、とある小学校へ運動会を見に行ってきました。
空気はカラッとしているが、1時間も外に立って応援していると、
さすがに背中がジリジリ・・・
校区民の運動会も兼ねていて、大人の参加も多く、
自分も同様、思うように足が前に出ない悲哀を共感し
お疲れ様の一言、楽しい会でした




いつもと同じ昼時の電車でN市へ。
今日は、二胡の蛇皮の部分にワックスを塗ってもらい、
弓を新しいのに交換するということで、
先にレッスンを受けていた生徒さんも塗っていただいたようで、
皮の部分がつやつやしてキレイになっていた。
老師が2階で私の二胡に施工している間、
レッスンルームで娘さんが電子ピアノを伴奏、
先生保有の二胡を使い、発表会の曲“春江花月夜”を弾いていた。
老師の二胡は龍頭の彫刻が付いていて、
素材は高級な老紅木だそうだが、見た目より軽かった。
音はやはり私のと違っていて、低く響くような感じ。
娘さんは「オジサンの音?」と表現した




老師が戻ってきて、一緒に弾き、
後半部、最初はゆっくり、だんだん速くなっていき、
最終的に相当テンポを上げ、山場は強く弾く。
そうすると非常に盛り上がる。
最後は静かに戻り、終わっていく。
・・・などなど、注意をいただいた。
これは老師ではなく、伴奏者としての娘さんの見解。
以上の点に注意して、引き続き練習せよ、とのこと。
今日は新しい曲として、G調の“換把練習”を。
G調よ、G調
この2年ほど、ずーっとD調の曲ばかりだったから、
譜面の数字を見てすぐピンと来ない。
まぁ、そのうち慣れるでしょう。
老師にお借りした二胡の音にも慣れたころ、レッスン終了。
私の小叶王子は、つやつやになって戻ってきた
弓は前のと同じ種類の新品。若干音が大きくなった?
皮に塗ったオイルがしっかり乾くのに、翌日の朝までかかるらしく、
せっかくなのに試し弾きができないじゃん。
でも、老師の二胡をお借りして分かったことだが、
(これは貸し出し用の楽器だったとは思うけどね)
やっぱり、私の王子の方がいい音
親バカ井の中の蛙




やはり、弓の交換は年に一度ぐらいなのだろうか?
まぁ、日々弾く時間数にもよるだろうけれど・・・
確かに、替えた翌日弾いたら音が大きくなった。
耳元でビンビン言うのでうるさいぐらい。
私のコマは溝の間隔が狭く、弦の間が狭いので、
弓の馬毛の部分が新しくて多いせいか、弦に当たりやすく、
ちょっと雑音が混ざってしまう
当たらないよう角度に気をつけたり、
弓の張りを強くしたり(音がさらに張るけれど、はじいてしまって弾きにくい)
なかなか調節が大変。
このコマ小さくて気に入っているんだけど(小さい方が音が響く)、
溝の間隔が広いのに変えてみようかな・・・。




弦と弓は消耗品なのでケチっちゃいけないのね。
最初の先生は「自分の弦ぐらい自分で替えろ」と言う人で、
弦も千金も弓も付いてない二胡を自分でセットアップさせられた。
千金の巻き方が下手で不細工になったが、
「何回か自分でやるうち上手に出来るようになる。」と言って、
直してくれなかったし・・・
今の老師は弦を替えてくださるし、調弦までしてくださる。
任せといたらエライことになると思ってのことだろうが。
私は自分でやるのが当たり前だと思っている。
しかし、音がちゃんと合っていると「すごい」と言うのはどんなもんだろう?
日本人同士で、よく相手が上手いことやると「スゴイ!」と言ってほめるが、
老師が生徒に向かって使う言葉ではないと思う。
老師にはおかしな日本語を使って欲しくない。
これを老師に伝えたいと思うのだが、
上手に伝えるにはどう言えばいいものか・・・太煩悩了。




まぁ、いいか。
リフレッシュした小叶王子と
また楽しい時間を過ごせそうだしね










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、弦は毎年替えてます、自分で。
弓は、痩せて来たら買い替えて、
ワックスは塗ったことがない・・・。
楽器の手入れは大事ですよね。
それから、駒は買った時におまけに3個ついていましたが、使い物になったのは1個だけ。
駒によって、全然音が違いました。
サンちゃんち
2011/09/26 15:47
二胡って作りが割合アバウトなんですけどね。
雑音の問題はまだ解決してなくて、弦に馬毛が触れるから
だけでもないような・・・雑音止めがスコスコになっていたので
ぴっちりしたのに取替えてみましたが・・・なんだかまだ納得できず、
気持ちが悪いです。
「音が変!」と言っても、他の人には分かってもらえないのも
(ーー;)な感じで。自分で考えて改善していくのが、
育てるってことなのでしょうね。
にこーる
2011/09/26 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<『春江・・・』と二胡メンテ> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる