彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<合同練習と『春江花月夜』後編>

<<   作成日時 : 2011/09/12 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


10日は1時からの合同練習会に間に合うよう、早めに家を出た。
ここしばらく秋を思わせる気候で、特に夜は涼しく、
前夜は夕食後すぐに眠り込んでしまい、
途中歯を磨いて着替えたのは憶えているが、
またすぐ眠り、結局、朝8時まで寝てしまった
このところの睡眠不足を一挙に解消した感じ。
満足〜




とはいえ、N市の日中は暑い
5分前に着くように行ったら、もうほぼ全員揃っていて、
前の方の席しか空いていなかった。
20人以上はいらしたかな。
内容は、長弓練習、『また君に恋してる』、『一簾幽夢』、『浜千鳥』(懐かしい、
これは二胡歴最初に習った曲)
などをみんなで何度か弾いた。
弓・・・は、永遠のテーマだし、
自分がちゃんと運弓出来ているかというと胸は張れないが、
ちょっと今さら・・・?という気もした。
来月からは参加どうしようか・・・。




練習会と同じ日にレッスンを済ませちゃおうという、
同じ考えの人はいるもので、
その方の後に私のレッスンを入れてもらったので、
一時間ちょっとの待ち時間に近くの喫茶店で
二胡友と遅いランチを食べた
天華二胡学院名古屋校の発表会が10月にあり、
昨年彼女を誘って見に行った.
今年も彼女は行くというので、行く気になった。
発表会は無料だが、その後、ジャーパンファンさんなどの
コンサートをやるらしく、そちらは全席指定で4000円だそうだ。
昨年は最後にジャーさんが2曲ほど弾いてくださり、
無料で聞けちゃって、大変得をした気分だったが。
彼女とは中国語と二胡という共通の話題があり、
いろいろ喋っているうちに時間が来て、教室に戻ると、
ゆったりとした何やら聞き覚えのある曲が・・・
前の生徒さんがレッスンしているのだが、何だったっけ?このメロディー・・・
「あ、賽馬だわ
ゆっくり弾くと、なんだか分からない変貌ぶりである。




画像





前回、1月の発表会の曲として『春江花月夜』の前半部を習ったが、
全然練習できておらず、うろうろだった
老師は全然怒ったり咎めたりはしないが、
(そりゃあ、大の大人相手に怒っても仕方ないが)
それだけに、罪悪感を感じてしまう。
うう・・・すみません、老師
いつもどおり、練習曲をひと通り弾いた後、
習った所までを一緒に弾いた。
その後、ひとりで、
今日は娘さんがいて、慣れるためにと伴奏つきで。
前奏が結構長くて素晴らしいのよねー
そりゃー私の拙い演奏にゃ、もったいないぐらいの・・・




今日は後半の部分を習った。
ほぼ2分音符と4分音符が続き、難しくない。
何でも舟をこぐような感じで、だんだん速くなってラストへ。
前半の部分は水が流れるように、途切れなく美しく弾くのがポイント。
この曲は700年前に作られた曲で、
現在は断片が残っていて色々にアレンジして使われているような。
貴族が舟に乗って優雅に遊ぶ様を描いているのだとか。
みやびやかで、華麗な曲なのである。
ホント、私に似合わんわ
老師がこの曲はとても美しく、
弾くのは比較的難しくないが、表現力が必要だと、
なんだか熱く語られるので、他の曲がいいとか言えない空気。
別にどうしても弾きたい曲もないけれど、
あえて違う曲がいいとか言って我を通すと、
失敗した時、それ見たことかってことになりそう・・・
心配なのは発表会まであと4ヶ月もあるのに、
弾き飽きてしまうのではないかという点だな。




ともあれレッスン終了。
二胡ちゃんを買った時、付いて来た弓をもう1年以上使っているので、
そろそろ変えたほうがいいとのこと。
馬毛の部分はまだそれほど減っておらず、
音もそう悪くないと思うが、
持つ部分の表面のビニールが磨り切れてきた。
鼓の蛇革の部分もワックスを塗るときれいになるらしい。
両方で一万二千円ほどかかるな
次回のレッスンのはじめにワックスを塗って、
終わる頃の1時間後には乾いて持って帰れるから、
「レッスンはお父さんの二胡でやれば」と娘さん。
え〜今まで自分の二胡貸してくれた老師って、いませんでしたよ。
恐れ多い
何というか、親しみやすいというか、ざっくばらんな方々で・・・




とにかく、次回までに『春江花月夜』、
マシに弾けるようにならねば・・・  












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
弓の持ち手部分が擦り切れる?
私はそんなに練習してません・・・
でも、弓、買い替えてみよっと!
サンちゃんち
2011/09/16 16:16
我ながら擦り切れるほどの練習量か!?と。
持ち手の部分の表面の素材がビニールで、薄いような・・・
中国制造なのでやや怪しいです。
替えると音が良くなるかと、期待して(^^;)
にこーる
2011/09/16 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<合同練習と『春江花月夜』後編> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる