彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<“一簾幽夢”パートU>

<<   作成日時 : 2011/03/13 01:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


11日の午後、その時、私は中学生達と一緒に、
震度3の揺れに「こわーい」などと言っていたが、
夜、すべてのチャンネルで災害特番だし、
徐々に大変なことが起こったんだと分かってきて
翌日、のん気に二胡弾いてる気分ではなかったが、
とにかく、レッスンへ行って来ました。




「昨天的地震、太至Q了!你怎麼様?」
(きのうの地震はひどかった、あなたはどうしてました?)
「我去買東西的時候・・・」
(ちょうど買い物に行ってた時で・・・。)
老師は大事なかったようだ。
「那、太好了!」
(それは、よかった。)
今日の話題はこれしかないので、
地震関係の単語を調べて行ったもんね
あんまり役に立たなかったけれど。
老師はなんとバレンタインのお返しをくださった。
律儀な方で、何かというとちゃんとお返しをくださる。
お返しの心配をさせるようなら、申し訳ないので、
贈り物は止めた方がいいのだろうか・・・




そんなこんなで、レッスン開始。
やっぱりいつもの練習曲を一緒に4曲弾き、
“また君に恋してる”を一度一緒に弾き、
次にひとりで弾いた。休符を意識してちょっとぎこちなく・・・
それから“一簾幽夢”
一緒に弾き、次に私がTパート、老師がUパートの二重奏。
今日はUパートをレクチャーしていただいた。
Tパートとほとんどは同じで、途中少し分かれるだけだけど。
最終的に老師がTパート、私がUパートで二重奏を。
難しくは決してない。
分かれる部分はほんの16小節。
でも、今日始めたばかりのを譜面見ながら弾くのは、
すごい集中力を要して、疲れる
これ、次までの宿題。
“一簾幽夢”自体がきれいだけど単純な曲なので、
この3週間弾いてきてちょっと飽きてきた。
また、2週間か・・・
5月末の演奏会までずっとこれか?
次回はVパートのレクチャーか、と思ったら、
前編全音符だった。まさかね〜。




最後に娘さんが出てきて、
演奏会の詳細プリントをくださった。
行ったことがない場所でアクセスに自信が無いので、
同じ教室のMさんに一緒に行ってもらうようメールで頼んでおいた。
やれやれ、これで一安心。たどり着けるだろう。




ところで先日、『二胡名曲伴奏与欣賞、四級』というのをネットで買った。
四級レベルだから、
“光明行”“奔馳在千里草原”“賽馬”“喜送公糧”などなどの
模範演奏と伴奏が入っていて、
「これ、いいんじゃね?」と思って買ったが、
中国製のせいか()、
楽譜集のページが逆さまになって入れ替わってたり(交換済)、
伴奏は、二胡だけの演奏部分はぷっつり伴奏が消えて、
リズムぐらい刻んでくれないと、合わせられんだろがっ
という感じなのですが、
中の“紅蜻蜓(ホンチンティン/赤とんぼ)”のアレンジがとても気に入り、
前半はあのフツーの“赤とんぼ”ですが、
途中から4拍子になって、複雑になる。
これ、弾けるといいなぁ〜って思い、
トロトロ練習しています。
いつの日か弾けるようになるだろうか・・・




画像

               @『二胡姫』さん、対応◎でした。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<“一簾幽夢”パートU> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる