彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<“一簾幽夢”>

<<   作成日時 : 2011/02/20 01:25   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


19日、二胡レッスンでした。
暖かくて、ロングのダウンなんか着ていったら暑いくらい
N市の地下鉄に乗り換える駅に降りたら、
改札口の吹き抜けにでっかい黄色い物体が・・・




画像





manacaとかいうカードのマスコットみたい。
ちょっと可愛かったりする。
電車が遅れていたので、とにかく急ぐ。
ギリギリいつもの地下鉄に乗れて、遅れないですんだ。
レッスン場に着いたら、まだ鍵がかかっていて、前で待つこと数分。
老師が開けて、迎えてくださいました。
「今日は私はいないです。来月のレッスン日のこと先生と話してください。
今日も頑張ってくださいね〜。」というメールが通訳の娘さんから届いていて、
これは、中国語で話すよう気を利かせているのか、
それとも気を抜いているのか、
ありがたいことにおそらく前者だと思う・・・




いつものように、練習曲を4曲一緒に弾き、
(“D調伝統の第一、第二・・・”、“劉天華練習曲三十八”
“換弦練習”、“顫音練習”)
その後、“光明行”かと思ったら、“また君に恋してる”だった。
一緒に一度弾き、その後、ひとりで弾いた。
「挺好的。(ティンハオダ/なかなかよろしい。)」
ただ、休符の部分をハッキリ休むようにと注意。
二人で弾いている時に、休符の部分を「ゼロ!」と言ってくださっていたので、
そういう意味だと分かったが。
老師がお手本を弾いてくださると、
メリハリがあり、語っているような感じになるのに、
私がやると、なんかプツ切れー。
あー・・・表現力の差かな




で、次に“一簾幽夢(イーリェンヨウモン)”。
いつものように一段ずつ、お手本を弾いてくださり、その後一緒に弾く。
先週、娘さんが「ちょっと難しい」と言っていたが、
それほどでもなく、時間中にほぼ弾けるようになった。
この曲のタイトル、「密かな美しい夢」とでも訳すのかな、
ふんわりしたきれいなメロディで、3部合奏になっている。
このところ、ちょっと易しい曲をやっているので、
「できん、できん、どーしよーっ
というストレスが無く、余裕があって楽しい。
が、これでよいのかというキモチがよぎったりもする。
こういう時こそ、曲の完成度を上げなければいないのだろうなぁ・・・
“一簾幽夢”こんな曲(ボーカル・画像古い)→
二胡演奏だとこんな感じ(画像イマイチ)→




来月のレッスン日を、12日と29日に入れていただき、時間を決めた。
もちろん、中国語で。老師のおっしゃることはほぼ分かるが、
「没有(メイヨウ/無いです)。」「両点(リャンディエン/2時)。」などと、
単語で答える私・・・ううう、とっさに文が出てこないのよ()。
しかし今日は、老師のお話を結構聞けた。
最後にお天気の話をしたが、
「昨日は風が強くてひどかった、昨日こなくてよかった」
「今度あなたが来る時は、もっと暖かくなる」・・・的なことを言ってくださり、
やはり老師はお優しい方である
次回は私、もっと長いセンテンスが言えますように・・・







    




帰りにお茶の先生宅に寄ったら、
OLのNさんと、高校生のYさんが二人でお稽古中だった。
私もちょっとお茶のご相伴にあったが、
お雛様の趣向が可愛い二人にぴったりだった。




画像





この間、年が明けたと思ったら、
もうお雛様ねぇ・・・。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<“一簾幽夢”> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる