彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<推弓の重要性。>

<<   作成日時 : 2011/01/10 01:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


あけましておめでとうございます。
・・・って、今頃ですね。
さすがにもうお正月気分もぬけてますが
8日の朝は、この冬一番の冷え込みだったようで、
家の外の水鉢に氷が張りましたが
二胡のレッスン初めでした。




教室に着いたら、老師は寒そうにダウンベストを着ていらした。
新年らしい挨拶の後、レッスンに。
ここのところいつも弾いている練習曲を数曲弾いた後、
“光明行”へ。
譜面4ページにわたり、途中でページをめくることが出来ないので、
コピーした紙を4枚つなげて、譜面台2台に乗せた。
曲の方は実際、3ページ目まで弾いていって、また最初に戻るので、長い〜
でも、これからはきっと長い曲ばかりだと思う・・・。
老師と一緒に最初から弾いていって、私に怪しいところがあると、
止まって手直し、やり直し、確認・・・という感じで進む。
まだ全然自分のものになっていなくて、あやふやもいいところ。
3ページ目は特に、弓の向きが分からないところがあり、老師に確認。
ネット動画で見てもイメージがイマイチで、老師に模範演奏していただいた。
数回通した後、ひとりで弾くように促されたが、
今日はちょっと「勘弁して〜」
多分、がちゃがちゃで、曲にならない。
次回はひとりで弾けるようにしなきゃ・・・
こんな感じでレッスンしましたー。




というわけで、またまた“光明行”お持ち帰りですぅ。
10月31日に習い始めたので、もう2月半やってますわ。
進歩很慢(チンプーヘンマン)、我ながら時間かかるなぁ・・・。
まあ、劉天華の名曲なので、頑張って何とかせねば。
今日、いろいろ老師に確認できて、ちょっと見通しがついた。
老師はいつか次回の発表会の時、この曲の合奏をやりたいらしい。




家での練習の時お手本にした劉長福〈リュウ・チャンフー〉さんの模範演奏。
艶があっていい音〜
オジサンなので画面が地味だけど・・・。




最近、推弓(トゥイコン)の重要性を感じる。
いくら沢山、拉弓(ラーコン)しても、
充分に推弓して戻さなければ、
だんだん弓の動きが小さくなってしまう。
昔、とある日本の女性奏者の方が「弓は一生懸命押さないと・・・」と
おっしゃっていた意味がなんだか分かってきた。
充分に推弓すると、音の大きさと深みが増す。
そんなこと、今頃気づいたのと、笑われますね。
今まで弓は大きく使えと言われつづけて来たけれど、
人は身を持って感じないと物事を習得できない。
二胡の美しい音の出し方のコツ、これは口では説明できないし、
老師に対面で教授していただいても、
人に感覚までは伝えられないし、受取れない。




今年も、こんな調子ですね
以前の教室では、ひとつの教本をひたすら順番にやっていたから、
次はこの曲・・・もう少しでこの曲・・・と分かり、励みがあったが、
現在は進み方がよく分からない。老師任せ。
次はやはり劉天華の“月夜(ユエイエ)”をやるのかな、先の見通しはそれぐらい。
とりあえず今年は“光明行”と“月夜”をじっくりやりましょう。
二胡の美しい音が出せるようになりたいですねぇ




画像





(写真:昨年“善意の日の集い”より)
それと、演奏の機会が沢山あればいいですねー。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年もよろしくお願い致します。
「光明行」も「月夜」も、習うには習ったんですが、・・・。
今年も充実したレッスンで、更に上達されるよう
お祈りしています。
サンちゃんち
2011/01/10 18:35
サンちゃんちさん、有難うございます、
こちらこそよろしくお願いいたします。
習うには習っても、しばらく弾かないと忘れてるし・・・
忘却との戦いですね、この頃は。
脳の活性化になっていると信じて頑張ります(^^:)。



にこーる
2011/01/11 00:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<推弓の重要性。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる