彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<サクサク行こう“光明行”!>

<<   作成日時 : 2010/12/13 01:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


11日、二胡レッスンに行ってきました。
いつもより1時間遅い15時からだったので、
やれやれ、ちょっと事前練習出来てよかった。
今回ぜんぜん練習不足で・・・(いつもか
老師に申し訳なく、どう言い訳しようかと思いながら
レッスン場にたどり着くと、前の生徒さんがレッスン中で、
「自宅のレッスン部屋が寒くて、練習する気にならない」等々
誰かが言いそうな言い訳をされていて
これじゃあいかんと反省
自己弁護は止めることにして、レッスンに集中することにしました。




『D調伝統の第一、第二・・・』
今日は『劉天華三十八(中把)』を弾いた。
そう難しくないので、ぶっつけで弾いたが、
D調の第二ポジションだけで弾くこの曲、
音程のあやしさがよく分かる・・・
そして、『換把練習』,(この曲の単調な繰り返しには
催眠効果があるらしく、必ず途中でどこやってるか
分からなくなり、立ち止る)、そして『顫弓練習』、ここまでで30分。
このあたりは家でも弾いていくし、割愛でもいいんですが・・・
そういう訳にもいかんのでしょうねぇ。




前回の宿題だった『光明行』の前のほうの部分を、
まず2回老師と弾き、最初のスタッカートの部分、
弓の押し引きをちょっと直され、
ひとりで弾かされ、思ったよりマシでしたが
必死のあまり、汗をかいてしまいました
今日はその後の、中盤の部分に入り、
ここはやや速くて、G→D→Gと変調しますが、
手の動きに法則性があるというか、分かりやすい。
少し練習すれば何とかなりそう。
でも、結局あと1ページを次回に残して終了。
曲も長いけど(楽譜4ページ)、なかなか進みませんねぇ。
レッスンは今年はまだもう1回、25日にあるので、
この曲で今年はシメですね。
『光明行』は、『良宵』に次いで2曲目に習った劉天華の曲。
カッコよく弾けるようになりたいものです。
去年の年末は今の老師の教室に来たばかりで、
『良宵』と『賽馬』を習い、年末年始喜んで弾いたなぁ。
一年たった今も、これらは毎日一回は弾いてますが。
弾きなれれば良くなると儚い望みで・・・。








    

 


ちょっと話は変わりますが、
先日、中国語の講座で漢詩を習いました。
暗唱するように言われたので、
覚えるため、以下に記します。




“凉州曲”(Liang2 zhou1 qu3)


王翰(Wang2 Han4)


葡萄美酒夜光杯(pu2 tao0 mei3 jiu3 ye4 guang1 bei1)
            
欲飲琵琶馬上催(yu2 yin3 pi2 pa0 ma3 shang4 cui1)

醉臥沙場君莫笑(zui2 wo4 sha1 chang3 jun1 mo4 xiao4)

古来征戦几人回(gu3 lai2 zheng1 zhan2 ji3 ren2 hui2)



葡萄の美酒を夜光杯に注ぎ、
            ※
飲もうとするその時、馬上で琵琶がかき鳴らされ酒興をそそる。

酔っぱらって地面に転がってもどうか笑わないでくれ。

古来、戦場に出て生きて帰ったものが幾人あるだろうか。


(※夜光杯・・・夜光玉という西域特産の玉で作った杯)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<サクサク行こう“光明行”!> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる