彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<明るく行こう『光明行』>

<<   作成日時 : 2010/11/30 00:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


29日は二胡レッスンでした。
いつもはだいたい土曜日ですが、
この土日ちょっと他の方に集中していたので、
特別に月曜日に行ってきました。
おかげで白鳥庭園演奏会以来、お久しぶりの方にお会いした。
ちょうどレッスンが私の前だったのだ。
(Yさーん、お元気そうで。またメッセージくださいね〜




きっと昨日の一大イベントのせいだ。夕べは興奮気味で、
夜中の3時ごろから目が冴えて寝付けず
コンディション最悪
でも、二胡だから休まない。
レッスンはいつもの『D調伝統の・・・』から始まり、
『顫弓練習』、
そして、『光明行』のラストの顫弓の部分を。
あまり練習できてなくて、たいして進歩していない。
第3ポジションから第2ポジションの3(ミ)に行って、
またすぐに第3ポジションの6(ラ)に戻るところが、音が取りにくい。
ごまかしごまかし弾いているので、ひとりで弾かされるとボロボロ




それでも、今日は『光明行』の最初の部分からのレッスンに入った。
冒頭は内弦開放弦の1(ド)のスタッカートが続く。
内弦だから右手の人差指と中指で弓を押して音を出す。
老師が右に来て、私の弓でやって見せてくださって、良く分かった。
次の部分に連頓弓が・・・また出会ったか連頓弓。
あれは3年前、出来なくて泣き泣き?練習した連頓弓(連続スタッカート)。
こんなの、使う曲あるの?
あったとしてもそんな曲、弾かなきゃいいじゃんなどと開き直ったものだが、
実際これを使った曲、よく出てくる。
回避できないテクですわ。
これは左右の手が自然に動くようになるまで練習するしかない。
二胡の練習ってそれがほとんど。
何の楽器でも、ダンスでもスポーツでも同じだろうけれど。




きょうは、『光明行』の最初から3分の1の弾き方を教えていただいた。
難しいじゃないの『光明行』。
3級ぐらいの課題曲だと甘くみとった。
一段ずつ、難しいところは一音ずつ、
文字通り手を取って教えていただけるので、
私のようなニブイ生徒にはホント助かる。
「おぼえが早いですねー。」などと、気を使っていただいたり
次回レッスンは12月11日。
この教室に初めて見学に来た日からもう1年経つのだわ。
この一年を振り返ると、『良宵』『賽馬』『大河漲水沙浪沙』
『拉駱駝』『喜唱豊収』『彩雲追月』『島唱』
そして練習曲を何曲か。最後に『光明行』が加わる。
なかなか、記憶に残る一年になるだろう。
来年は、何を弾けるのだろうか。
楽しみだなー




最後に、『光明行』聴いてみたい方はこちら。
宗飛(ソンフェイ)さんの模範演奏です。




画像

               イチョウの落ち葉の上で撮影。
               キレイな黄色のじゅうたんでしたが、
               写真だとちょっと残念・・・紙みたい











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<明るく行こう『光明行』> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる