彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<小指練習。>

<<   作成日時 : 2010/09/25 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


今日は爽やかな秋晴れの一日でした
こんな日に二胡レッスンだと、本当にいい気分。
一週間前に演奏会が終わり、やや抜け殻状態になりつつ、
前回レクチャーいただいた“島唱”をボツボツ練習したり、
“賽馬”や“彩雲追月”を弾いて遊んだり。




“島唱”は前から憶えていた指使いと、今回のが混ざり、
自分の弾き易い形で出来て来ましたが、
いいのだろうか・・・?
中国の古典曲は、指や弓がみっちり決まっていて、
その通りにやらないといけないようですが、
日本の曲などは決まった形はまだないようで、
楽譜によってちがうんだけど。




しかし、今日レッスン場に着いたら、
まず“D調伝統の第一、第二ポジション音階練習”。
次に“換弦練習”。
そして“小指練習”。
この“小指練習”、老師の作曲で、
どうしたらこんな指の動き考えつくの
・・・って感じの練習曲で、
目で音符を追って、すぐさま指が動かない・・・
1段ずつ老師が弾いて見せてくださり、
じゃあ、一緒に・・・って、できるかい
小指は力が弱く、動きが悪いし、
一音ずつ換弦しながらスラーで弾くところがあったり。
・・・
それなのに老師はすぐにテンポを上げる。
ちょっと待って、早く出来ないわたしってダメなヤツ?
30分ほどで、集中力が切れ、
何をやってるか分からなくなってきた。




「お疲れ様でしたー」で、
結局、今日はみっちり指練習曲でした。
ああ、この教室に来て以来、怒涛の名曲続きで、
難しいとはいえ、楽しい期間でしたが、
とうとう華やかな時期は過ぎ、地道な練習曲に入るのね。
ちょっと暗い気分になるけれど仕方ない。
曲を弾けるようになるための練習だし。
タイトルどおり『地道』にやりましょ。
余談ですが、日本語の『地道(じみち)』は、地味、マジメという意味だけど、
中国語の『地道(ティータオ)』は、
★本場のものである
★正真正銘の、生粋の、本物の
★(仕事が)しっかりしている、(物の質が)上等である、良い

というとてもいい意味なのです
私はこの言葉が好きで、
二胡レッスンの記事の時のタイトルにしているんですねー。





今度のレッスンは2週間後。
老師は「もっと速く弾けるように」と。
疲れて痛くなったら、休みながら練習するようにとのこと。
あまりに弾けなかったので、家に帰ってもう一度弾いてみました。
・・・・・やはり、難しい・・・
しかしその後、曲を弾いてみたら、なんだか指が軽い?
指が動きやすいような気がする?
こんなにすぐに効果が出るとは思えないが、
指のウォーミングアップにはなるのかも知れない。




本日のレッスン風景、見たい方はこちら




画像





ヴァイオリン、ホルン、トロンボーン、ギター、二胡・・・
今日はいろんな楽器ケースを背負って歩く人を駅で見かけました。
音楽、芸術の秋ですねぇ・・・。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもながら、充実のレッスンで素晴らしいです。
また1段1段、着実に上達されることでしょうね。
サンちゃんち
2010/09/27 21:27
老師の教え方は充実していますが、
生徒の方は、なかなか付いていけない現状で。
ぢっと手を見る・・・ってやつですね(笑)。
にこーる
2010/09/27 22:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<小指練習。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる