彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<じきに処暑ではありますが・・・>

<<   作成日時 : 2010/08/22 00:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


もう、言うのも嫌ですが地獄の釜のような暑さ。
レッスン場に着いてチューニングして、よしと思ったら、
「ちょっと、高いー」と老師。
「え、そうですか?」
よくよく見るとチューナーの針がDからほんのちょっと右にぶれてる。
えー、こんなの自分、いつもOKですが。
だいたいキモチ高めが好きなので、
微妙に右ブレにするくらい。
だって、明るく歯切れがいいような。
(そーいう問題じゃない?)




厳密な老師のチェックどおりに直して、
今日は“拉駱駝”の最後の部分のレクチャー。
ほとんどこれまで出てきたメロディの繰り返し。
指が難しく、ちょっと練習を要する部分アリですが。
以前の教室で使っていた教本をそのまま使っているので、
老師の弾かれるメロディと違っている部分や、
指や弓が違う部分、多々あり。
その都度、書き直しながらすすめる。
「那、作業吧。(じゃあ、宿題ね。)」




次に、“賽馬”。
これもうホント、毎日弾いてる
後半部の快弓部分も弾けるようになってきた。
かえって前半の16分音符のスラーがうまく指が動かず、
歯切れが悪く、流れてしまう。
左指の力がないのだと思う。
切れよく動くように弦を叩いて弾く練習をしたので
おかげで前半部分うまく弾けた。
老師と弾くと安心してのびのび弾けるのですが、
ひとりで弾くと弾けないのよね・・・数ヶ所引っかかった
これはもう、トラウマかもしれない。
最後に、かなり速めに老師と弾いたが、一番のびのびと弾けた。
ピチカート中に弓落としたけどね
・・・OK。
合奏ならばそこそこ弾けることが分かったし、
後は練習を続けて慣れていって、
いつかリラックスしてひとりでも弾ける時が来るかも。
賽馬は演奏テクが盛りだくさんだし、
そのほか練習というものの意味や、色々なことを教えてくれた。
勉強させていただきました




最後に“彩雲追月”
老師と一緒に弾き、次にひとりで。
これは、ほぼノーミスでなかなかに弾けた。
曲の途中で、外に誰かがみえ、
伴奏者がなにか言うのを、老師が「不要!(必要ない)」とさえぎり
演奏に最後まで集中させてくださり、嬉しかった
老師「聴好的。(よく弾けてる)」
レッスン終わった時には、息を詰めていたのが分かりました。
今度のレッスンは9月11日、3週間後。
演奏会のリハをこの日にやるので、同じ日にしていただいた。
遠いので助かる。
リハもちょっと怖いけど楽しみ。
演奏会は9月19日、N市『白鳥庭園』であります。




画像

               老師編著の新しい教本。
               これからこの楽譜で練習します。
               これで楽譜を直す必要はないでしょう。
               “賽馬”も“拉駱駝”も見開き2ページに収まってるし。  
               



帰りはあわただしく電車に乗って帰ってきましたが、
地面に沈みそうな感じで
お茶の先生宅にまた寄せていただき、
葛きりと温かいお薄をご馳走になってしまいました
「今日は、レッスンどうでした?」
「ん〜、あんまり・・・」
月2回、1年に24回レッスン行ってますが、
恥ずかしながら「今日は出来たゾ!」というのは、
年に1、2回あるかないか・・・
お茶の先生は1週間後、裏千家の師範としての研修で
京都へ4日間行かれる。今日は準備をされていた。
この暑い盛りに、着物で・・・宗家のお茶室(重文指定)に
クーラーはきっと・・・ないよね
頭下がります。
頑張って・・・でも熱中症にならないように。
ところで、夕べは茶道のレッスンに出ました。
その様子もまたアップしますね。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の体力、知力、技量も省みず、大々冒険心で行ってきます。
着物を着ても熱中症にならない秘策、何方か教えてください。
いーなちゃん
2010/08/22 20:58
あの中国館で2時間半の待ちに耐えたのだから、
きっと大丈夫(?)でしょう。
あれ以来、私は人が並んでいるのを見ると、
「まだ、まし。」と思ってしまいます。
にこーる
2010/08/23 22:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<じきに処暑ではありますが・・・> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる