彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<さあ、喜唱豊収へ。>

<<   作成日時 : 2010/03/31 02:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


二胡レッスンがありました。
桜も咲いたのに、今朝の最低気温0度・・・花冷え。
わたしは冬っぽい上着をしっかり着ていきましたが、
M鉄の車窓から見たO公園はけっこうな人出のようでした





14時5分前に着きましたが、
前のレッスンの生徒さんがレッスン中でした。
あれ何て曲だろう?中国の、知らない曲だった。
まだまだ知らない曲がたくさんある。
さて、レッスンは“良宵”から。
まず老師と一緒に弾いて、次にひとりで弾いた。
まあまあ、ですかね
レッスンで弾く時は、家で練習する時とは違う自分になってしまう。
音の聞こえ方も違うし、思い通りに弾けない
やっぱり緊張してるんですかね。
“好、好。”ということで、次は“賽馬”
やはりひと通り一緒に弾いて、ひとりで弾く。
・・・やはり、ついていけない。
これ、この2週間けっこう練習したんだけど・・・
後半の快弓部分で引っかかって、弾けなくなるんですよね。
あーあ・・・
でまた、次の“大河漲水沙浪沙”を一緒に弾き、ひとりで弾く。
この曲は、掴めんとか、訳わからんとか言っていましたが、
味わいまではだせぬものの、なんとかなったゾ。
これが一番落着いて弾けた。
これらの前回までの復習で30分。





で、新曲の“喜唱豊収(シーチャンホンショウ)”
これはかなり有名な曲だそうです。
“良宵”“賽馬”とならんで、演奏会などでもよく演奏される。
字でも察せられますが、豊かな収穫を喜ぶという意味。
民族音楽っぽいなぁという感じがします。
今日は3分の1ぐらいを教わりました。
初見でウロウロ、必死で楽譜を追って着いて行くので、
30分もやれば疲労困憊です
「ああもう1時間だ〜」と思っても
老師、キリまで行きたいらしく、先に進み、
何度も戻って繰り返し弾く。
なんとか雰囲気がつかめて、今日のレッスン終了。





“良宵”“賽馬”“大河漲水沙浪沙”は弾けるようになったので、もうよろしい。
“喜唱豊収”の今日やった部分だけを練習してくるように・・・だそうです。
えーっ?ダメダメ!他はまあまあ弾けたけど
“賽馬”はまだでしょ。
そう言ったら、「次回もう少しやりましょう」だそうです。
なんか、もう続けてもしょうがないと思われているのだろうか。
切り上げちゃう感じ・・・。困るんだけど。
こうなったら、“賽馬”何とかなるまでやるもんね。
来週末は老師の演奏会のリハーサル
次はレッスン、次は演奏会・・・と
4月は二胡イベントが多く、なんだかとっても嬉しい
春だしねぇ





朝、Amazonで買った二胡スタンドが届きました。
二胡は普段ケースにしまわず、
弾きたい時すぐに手に取れるように
部屋のすぐそこに置いてありますが、
寝かしておくと傷になりそうなので購入。
やはり(?)中国制造(チョンクォチーザオ)のせいか
細部の作りが大雑把です・・・





画像







ついさっき、宋飛(ソンフェイ)さんの“大河漲水沙浪沙”の動画を見つけましたが、
私が弾いてたのとは別物のよう・・・
やはり本場のものは見て学ばないといけません。
喜唱豊収”の方は動画がたくさんありましたが、
趙寒陽(チャオハンヤン)というおじさんの奏者が弾いている動画の演奏が一番好きかな。
以前、天津へ演奏旅行に行った時、
この方の特別講演を聴いたことがあったのでした!
以前、若かりし頃の“賽馬”の映像をリンクしたことがありました。
同一人物とは気がつきませんでしたが、
やはり、素晴らしい模範演奏です。
二胡の演奏動画は『酷6網(ku6.com)』という動画サイトに豊富みたい。
(興味のある方は題名をクリックしてご覧ください)












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<さあ、喜唱豊収へ。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる