彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<名曲のさなかで。>

<<   作成日時 : 2010/03/14 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


二胡レッスンがありました。
今日は暖かいと思い、ちょい薄着で出かけたら、寒かった・・・
到着する前に頭ガンガン、体調最悪に。
春先の気候、ナメちゃあいけませんわ。
とにかく何とかかんとか教室へ




画像

            話の途中でスミマセン、全然関係ありませんが、
            昨日、板前さんからいただいたホワイトディのお菓子。
            トップページに写真を載せたかったので・・・
            太謝謝了    
     



いつもより遅めの16時半からで、5分前に着いたら、
前の生徒さんがまだレッスン中で、
待合室がないのでレッスンをされているお部屋の片隅で待機、
前回このスチュエーション逆の立場で体験しましたが、
ちょっと気まずいような・・・
“江河水”をやっていらっしゃったかな。
ずいぶん上級者の方です。




さて、最初にお約束の“D調伝統の第一、第二ポジション音階練習”を
老師と二人で弾く。
ホントは家で毎日弾かないといけないのでしょうが、
正直言って弾くのはここでだけ
なんで、音階練習ってこんなに面白くないんでしょう?
その後いつものように“良宵”を二人で弾く。
これはかなり家で練習を重ねてきたので、
けっこう弾けるようになってきた
しかし、こうして一度弾いただけですぐ“賽馬”へ。
まだ一度として引っかからずに弾けたためしがないけれど
家で練習する時は速めに弾いているので、
レッスンの時の方が速度が遅い。
速い曲をゆっくり弾くのも難しい。
56小節目からのギャロップ風の部分が
リズムが崩れてガタガタになってしまう。
・・・も一度、ゆっくり弾く練習をしよう。
ゆっくり弾いて完全に出来たら徐々に速度を上げよう。
じゃないと、いつまでたってもつまずきから脱却できない。
速いと誤魔化しちゃうし。
ここまでで30分。




それから“大河漲水沙浪沙”の続きをご指導いただく。
前回の最初の24小節を一緒に弾いて、その後ひとりで弾く。
中国は雲南省で、いまだに民族衣装を着て
歌を歌いながら農作業をやっている人たちの民謡だそうです。
ハッキリ言って全然イメージ沸かないし、
動画を検索しても、出てこないし
でも、今回残りの部分を教えていただいて、
ちょっと全容が分かったような・・・?
前半部分は山びこみたいな感じ。
(私の解釈ではね)
後半は16分音符で、速く楽しげな感じ。
老師は「味がある」とおっしゃって、お好きらしい。
・・・もうこれ、せっせと練習して早く通り過ぎよう。
今度は“喜唱豊収(シーチャンホンショウ)”に入るそうです。




“良宵”と“賽馬”をさらに練習してくださいとのこと。
“賽馬”は弾けないのでモチロンだと思うが、
“良宵”はいつまで続くのか、聞いてみたら、
「名曲なので、忘れないように、レッスンの度に合奏する」のだそうだ。
こういうスタイルの教え方なんだろうか。
私としては、ここまできたらレッスンごとに、
“ここをこうした方が”というチェックを入れて欲しい。
一生懸命練習して行って、忘れないためだけに弾いて終わりというのでは
・・・なんだか気がすまないぞ。
老師から見るとそんなレベルではないのかもしれないが、
そのレベルなりのアドバイスがあってもいいと思う。
これ、老師に言うべきだろうか?
次回、言ってみようか。
今日も言おうとしたが、その場で考えがまとまらなかったし、
老師と対面だと、なかなか言えないものです




ところで、今まで使っていた二胡ケースは
何かの時、オマケでもらったもので、
ボロッちくなってきたので、新しいの買いました。
ジャーン




画像





ランドセルタイプなので両手が空いて楽です。
今日は、これをしょって行きました
雨だけは降らないように願いつつ。




画像





でもって、中はこんな感じで
ダークレッドです。
二胡の小物はネットで買うしかないし、
メイドイン中国だから、
届くまでちょっと心配ですが、これはまあ気に入りました。
中の小物入れの取っ手がセコイけど。




画像





今度、ちょっとした式に出るので、
お洒落なブラウスを見てこようと思ったのですが、
レッスン後は疲れ切って、とっとと帰ってしまいました
最近はいつもそんな感じ。
ダメですねぇ・・・










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イヤイヤ、やっぱ自分のレッスンを人に見られてるのって……だよねぇ・・すみませんでした。私も二胡のケースほしいなぁ。ランドセル型っていいじゃな〜い!
ではまた〜
中川より〜
2010/03/16 23:21
いえいえ、中川さんのことではありませんので〜。
お気になさらず。今度、4月の全体練習で
お会いしましょうねっ(^^v)。

にこーる
2010/03/16 23:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<名曲のさなかで。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる