彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<大河漲水沙浪沙,1>

<<   作成日時 : 2010/02/28 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日は14時からコンサートの練習、
15時から個人レッスンがありました。
時間ギリギリにレッスン場に着くと、
15人ぐらいの方が来ていらした。
本番は立奏でやるので、練習も立って弾く。
立奏具を持っていなかったので
貸していただきました。




“田園春色”・・・全員で弾いて、
弓を合わせるように、強弱をしっかりつけるようになどの注意をいただき、
その後、半分ずつの人数で弾き、
休憩後は暗譜で弾きました。
弾けるのですが、弓が狂いそうで・・・
みんなで弾く時は老師の弓を見ながらできるのですが、
半分ずつ弾く時は、私のグループの時、老師が弾かれないし、
ちょうど前に人がいなかったし
春の田園の緑をイメージして、明るく楽しく弾きましょう・・・とのことです。
今度は4月の初めに全員で練習だそうです。
今日は人数が少なかったそうで、
全部で何人ぐらいなのでしょうか。
知らない方ばかりでしたが、
こういう機会が少ないので楽しかった。
大勢で弾くのもいいものです。




コンサートの練習は40分ほどで終わり、
皆さんが帰られ、余裕を持ってレッスンに。
最初に老師が「D調音階練習」と言われ、
「あわわ・・・」 これ、すっかり忘れてるのよねー。
なんとか老師と弾いた後、いっしょにゆっくり“良宵”。
その後、伴奏に合わせてひとりで弾きましたが、
なんだか今日はちょっと速め。
どちらにせよ、今日はかなり上手く弾けました。
自己新記録かな
これは、老師もわかってくださったようだ。
練習の甲斐があった。
その後“賽馬”にいきましたが、
68小節目からと、92小節目から後の快弓部分がついていけない。
自分でも反射神経良くないと思っているけど・・・
練習すれば、いつか出来る日がくるのだろうか?
老師から、強弱をはっきりつける部分を確認され、
また、7〜8小節目の“ソラソ ソラソ ソラソ ソラソ”
22〜23小節目の“レドレ レドレ レドレ レドレ”のところ
弓を短く使って弾むような感じに、と。
・・・地味に練習が必要だなぁー




そのあと新しい、“大河漲水沙浪沙”に入りましたが、
聞いたこともない曲だし、
老師が弾いてくださるのを聞いて
自分で譜面を見ながら弾いてみるのですが、
装飾音がいっぱい入っていて全然弾けず、憶えられない。
ああ、なんじゃこりゃー
なんでも雲南省の民謡を編曲したものだそうです。
練習して何とかしなきゃいけないんですよね。
この曲の最初から25小節が宿題。
それと“良宵”“賽馬”もまだまだ続く。
このところ曲が難しくなってきたせいか、
私の進歩が遅いのもあるし、
まだ全然合格した曲がない。
“良宵”なんかもう3ヶ月やってるし。
だんだん新しい曲に進んでいって、
前の曲に積み重なっていくのだろうかー。




画像





レッスン後、
T市にもどり、上海料理“上海龍”へ。
以前いただいたことがある、ホウレン草と鶏そぼろのスープ、
ほっとする味で、見た目も勾玉みたいでキレイ。
混ぜるとヒスイ色になる。
また食べたいなぁと思っていてたので・・・。
コース料理のスープをこれに替えてくださったり、
いろいろサービスしていただきました。
有難う、ママの孫宝さん













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<大河漲水沙浪沙,1> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる