彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 二胡のご縁で。<小学校での演奏>

<<   作成日時 : 2009/11/04 21:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


先月27日、小市民寄席が終わった翌々日、
とある町のとある小学校で二胡を弾きました。
寄席の間中、どっちかというとこっちの方が気がかりで、
例年、寄席が終わると、どっと放心状態に陥るのに、
今年ばかりはこちらが気になって安心できなかったのです。




なぜって、
『ふるさとコンサート』と銘打ったこのミニコンサート、
演奏者はみんなこの学校の先生達。
ピアノは通級の女性教諭、
声楽は2年生担任の女性教諭、
フルートは音楽専任の女性教諭、
みなさん大学で専門教育を受けて、プロ並みのレベル。
そこになぜか私が、校長先生にご依頼を受けて二胡弾くことに・・・。
曲目は、“ふるさと”“花”の2曲だけですが、
なんと伴奏なし、しかもソロでという拷問みたいな状況!




数日前、この体育館で専門は音楽というお美しい校長先生と
若くて可愛らしい音楽の先生に立ち会っていただき、
こっそりリハーサルいたしました。
「いいですね、すごくいいですよ。」
「あの、一応、CDの伴奏もありますが。」
「いや、伴奏なしのほうが生の音がよく分かるし」
「えっ、でも伴奏無いと・・・ごまかしが・・・その・・・。」
「やっぱり、伴奏なしがいいわ。よろしくお願いしますねっ。」
「・・・・・・・・・・。」




リハーサルで案外、二胡一台でも音は通るなと思いましたが、
ここに生徒+先生達が700人近く入ると、
音を吸収してしまい、響かなくなるだろう。
どんなんでもマイクは確保せねば。
しかし、伴奏なしでソロということは、
自分の出す狂った音程やら稚拙な音色が
白日のもとに響きわたるということで・・・。





画像





当日は出番まで舞台のそでで待機していましたが、
それほど緊張していないと思いました。
しかし、実際ステージに出て行くと、
700人の1400もの瞳の力に圧倒され、
やはり心拍数が飛び上がり・・・“花”のサビを繰り返すところで
ポジションがずれて音が狂ってしまった・・・!
あーあ、やっぱりこれが実力というものですねぇ。
終了して、小市民の疲れともども、どっと脱力〜
子供達にきいたら
「ぜーんぜん、間違いなんて気付かなかったよぉ。」だって。
ああ、子供ってホントに天使。
この子らの人生で最初の二胡が私の演奏だったなんて。
気の毒に・・・
みんな、まっすぐに大きくなってちょうだいな












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
寄席の記事もなかなか出ないと思ったら、
そうでしたか、・・・。
またまた、かっこいいですねー。
二胡で、活躍の輪が、どんどん広がりそうですね。
サンちゃんち
2009/11/06 21:20
いえいえ、やっぱり人前で演奏すると
自分の実力を思い知らされますねー。
活躍どころか、まだまだ、全然ダメです。
いい経験をさせていただきました(^^;)。


にこーる
2009/11/07 16:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二胡のご縁で。<小学校での演奏> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる