彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<我熱死了。>

<<   作成日時 : 2009/07/15 01:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


まさに炎暑のN市へ、レッスンに行って参りました
M鉄のビンビンに冷えた冷房車に乗り、
地下鉄の駅から地上に這い上がるとクラクラ・・・
そこから炎天下を歩くこと5分。
事務所の中は涼しくて天国のよう。
今日は生徒さんも少なくて時間も押してなく、
到着してすぐにスタンバイでした・・・




“5.A調上把及連続切分練習”
前回、内弦7(シ)と外弦4(ファ)の音程がいい加減だったので
そこを気をつけて練習して行った。
老師の伴奏のテンポが速いので、
ヤバイ、と思いながら弾いたが、
レッスンルームは涼しいのに背中に汗が流れた。
1回目でわりと弾けたので、これで終わりにしたかったが、
老師が途中からもう一度というので、
弾いたらやっぱりコケた。
61416141 72427242 72527252
ここがキライっ指がつりそうでっ
老師と一緒に弾いておかしくなり、
考えすぎると弾けなくなった
で、最後にひとりで弾いた時はここはなんとか誤魔化せ、
ちょっと音符ののばし方が変なところがあったが、
まあ、(オマケで)OKてことで




“6.顫音練習”、
また、こちらは老師の伴奏がゆっくり、ゆっくりで、
長く伸ばす音符は、トリルをめいっぱい続けるのが・・・
老師のお手本には程遠く、なんか不自然、曲が流れんなぁ、
と思いつつ、2,3回弾いて、まぁいいんじゃない、てことに




で次の“7.滑音練習<閙花灯>”と“8.左、右半弓短弓練習”の
お手本を弾いていただいた。
前者は京劇の伴奏みたいに賑やかで派手な曲で、
老師、力いっぱい弾いてるし。
滑音が所どころ入っていて、これはちょっと練習せねば。
後者は速い曲で、弓の左半分だけでひいたり、
右半分だけで弾いたりする練習だそうだ。
最終的には弓を短く使って速く弾く。
次のレッスンまでまた3週間あるので、
研究研究吧。




あと何曲かやると、“良宵(リァンシャオ)”が出てくるので、
老師がさわりの部分を弾いてみてくださった。
大好きな曲。
なんとその次は“賽馬(サイマー)”、“大河漲水沙浪沙”
“喜唱豊収”“拉駱駝”など名曲が続き、
「えー?私なんかが弾いていいの?」と
気後れしてしまう
二胡始めた頃からの憧れの曲なので。
弾ける準備が出来るまでもう少し、基本練習、頑張ります。





画像





えっちらほっちら登った
地下鉄の階段の途中に貼ってあったポスター。
なんだか癒されたぁ
いったい何のポスターだったのだろう?

本日のタイトルの<我熱死了。(ウォールースゥラ)>は中国語で
「暑くて死にそう。」という意味です。
餓死了。(ウゥスゥラ)「お腹空いて死にそう。」
累死了。(レイスゥラ)「疲れて死にそう。」 etc・・・
中国の人もよく死にそうになるらしい。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<我熱死了。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる