彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<桜咲く・・・か?>

<<   作成日時 : 2009/04/08 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


前回レッスンは3月17日だったので、
3週間もあったのに、
“♭B調上把音准較正練習”
つまづかずに弾けた試しがなく、
今日もレッスンに出かける前、
こんなに必死でやったことがないというぐらい
真剣に練習して行ったが・・・




今日のN市の予想最高気温は20度。
地下鉄の駅から出たら、くらくらした。初夏よ。もう。
一昨日(5日)が、老師が毎年企画されている
桜二胡演奏会だったので、
(私は参加できなかったが)
事務所の中が、またまた花だらけだった。
14:30からのレッスンだったが、
もうひとり、14:30からの方が見えて、
ダブルブッキングかとドキッとしたが、
日にちを間違えて来られたらしい。




レッスン本番も
「予定通り」って感じであった。
この練習曲、曲の感じがが3つに分かれていて、
最初が慢速で、ちょっと流れる感じ。
一弓で換弦しながら何音も弾いていくので、
私にとっては超難しく、3週間のうちの2週間を費やした。
たった16小節なのに、なかなか曲にならなかった。
次の16小節はやや優しく、
ちょっと休憩って感じ。
最後の部分も難関で8分音符がズラズラ〜っと最後まで続く。
この、繰り返すでもなく、似たパターンだが少しずつ音が違う
中国の曲独特の展開、やめてほしい
なかなか憶えられないし、
目で音符を見ても指がその通り動かん。
弾きにくいポイントがいくつかあり、
練習でいつもひっかかる所でやっぱりひっかかった。
それをなくするのが練習ですが。




前半の何ヶ所か出てくるリズムパターンが
狂っていてそこを直さなきゃ。
老師が何度か一緒に弾いてくださったが、
後半、一度つまずくともう付いていけなくなる。
・・・・・・出直します。
次のレッスンまで、また間が3週間あるので
コレを完璧()にして、次の練習曲にも取りかかろう。
「○○さん、音程いいね」とお褒め(?)いただいたし。
「次の発表会には、レベルをあげないと」などとおっしゃっていたが、
目の前の練習曲を乗り越えるだけで精一杯。
やっとやっとでも乗り越えることで上達していると信じたい。
中国語も同じだけど。
ホントに、何かを習得するには時間がかかる。
しかし昨日出来なかったことが今日出来るようになると、
この年になっても進化している自分って感じがする。




レッスンに向かう道すがら
二胡仲間からジャスコにて
なんとかショーでの演奏依頼についてメールが来た。
たった2曲、10分弱の演奏を2〜3回。
曲は“夜来香”と“アマポーラ”。
これも練習しなきゃ・・・。
5月4日、GWど真ん中のショッピングセンターで演奏なんて、
子連れ客が入り乱れてバタバタの中なので、
少しぐらい間違えても誰も気づかんかも
こういうイベントへの参加も、無責任に楽しめて面白いけど。




画像





近所の満開の桜。
私の住む市は桜だらけで、
桜トンネルがあり、川の両側には延々と(多分何十km)桜が植えられ、
土手には菜の花が咲き、薄ピンクと黄色の帯が続き、
近在の人たちの花見スポットになっている。
  








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<桜咲く・・・か?> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる