彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。<息をするのを忘れずに・・・。>

<<   作成日時 : 2008/09/17 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


12時から二胡レッスン。
いつもより少し早めなので、
早起きして1時間ほど練習して出かける。
一昨昨日は炎の祭典で演奏、
一昨日は“喬太郎・三三”、
昨日は“葉加瀬太郎”で、浮かれていた。
夕べは家にたどり着いたのが深夜で、
N市に泊った方が早いと思ったぐらいだった。




12時ギリギリに教室に着いたら、
私が今日第1番目の生徒で、老師がまだいらしておらず、
みえるまで練習して待った。
“12.四種換弦方法練習”と“小花鼓”。
老師が恐縮して入ってみえ、
「今弾いていた曲は?即興曲?」と聞かれて、がっかりした。
“小花鼓”に聞こえんか?やっぱし?
まだ音をとってるだけで、ゆっくりもいいとこだけど・・・。




まず“12.四種換弦方法練習”を弾く。
どうもまだ、一定の速度と力で弾いてなくて、
一音ずつ力が入っているらしい。
「普通に呼吸してる?」
いや、止めてるかも。分からない。
とにかく必死なので、息をつめて弾いてる気がする。
「息を入れて、一音一音確かめて、一拍ずつ充分弾くように。」
・・・毎回、同じことを言われているな。
なんでこう飲みこみが悪いのか。
「じゃあ、この曲は、自分で監督になってしばらく練習して、
そのうち『OK!』になったら、聞かせて。」
自分が監督!? そりゃ、マズイ。
「大丈夫、大丈夫。ここが出来なかったら、進めないから。」
とうとう老師、さじを投げたらしい。
「じゃあ、次の“小花鼓”やってみた?」
入ってみえたとき弾いてたのがこれです、というと笑われた。




ゆっくり、ゆっくり弾いてみた。
最初の一小節目、6、6(ラ、ラ)の最初のラの上に“勹”マークが付いていて、
左手1の指(人指し指)で弦をはじくと同時に右手で弓を引いて音を出す。
タイミングが悪いと6(ラ)の音が先に出ちゃう。
あと、音符数字の前に斜めの矢印が付いているところは、
上滑音、下滑音。指を滑らせて音符の音を出す。
ああ、何だかぎこちないが、心なしか老師の弾く曲に近づいたたような・・・?
5段目の1小節目から4小節、スタッカートが続くが、
全部スラーマークがつながっている。
こ、これは、もしかしてっ・・・と思ったら、
やっぱり連頓弓(リェントンコン)だった・・・
もう、2度とつきあうことはないと思っていた連頓弓・・・。
普通のスタッカートでいいじゃん。
ここだけリズムが狂っちゃうし〜。




速く、軽快に弾く曲。
とにかく出来るかぎり練習してみる。
昨日見た葉加瀬太郎のように、にっこり笑って
楽しそうに弾けるようになれれば・・・いいのにねぇ

                               







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。<息をするのを忘れずに・・・。> 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる