彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 『葉加瀬太郎の世界 こころの音魂』へ。

<<   作成日時 : 2008/09/16 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ヴァイオリンの葉加瀬太郎さんのコンサートがあり、
応募したらチケットが当たったので、行ってきました。
八事山興正寺五重塔建立二百年祭【壽ぎの集い】というイベント。
野外なので、2〜3日前から台風13号が気になり、
15日は朝から、まだ上陸してないのに重い曇天。
雨具はレインコートをご用意くださいと言うので、持って行ったけど、
元来、晴れ女の私はお気楽にも
「でも、始まったら月が見えたりして」なあんてタカをくくって出かけた。




画像





興正寺は初めて行ったけど大きなお寺。
17時半に到着した頃、小雨が降り出して来て、
開場前に並ぶ人たちの列に加わり、レインコートを着用。
少人数ずつ小分けにされて入場し、
全席自由なので最前列のやや右側の席に座る。
こうしたイベント用に造られた中庭の空間、
普段は噴水なのだろうか、大きな水盤の上に特設ステージが組まれ、
ステージの上にはテント屋根が有るものの、
その下にもうひとつ雨よけのテント屋根をしつらえてある。
(葉加瀬さんがここで演奏する)
野外席の背後に建物があり、そこからも見られるようになっていて、
(檀家の衆とか、特別ご招待客だろう)
舞台左手奥に回廊があり、紫色の光でライトアップされている。




画像





開演頃、また雨粒が落ちてきた。
葉加瀬さんが登場してきて、
「自分の雨男ぶりが嫌になる、申し訳ない。
一昨日、平泉で野外コンサートをやったが、雨だった。」などと言うので、諦めた。
最初、数曲新しい曲を演奏。
私は特に熱いファンと言う訳ではなく、
よく耳にする有名な曲を知っていて「いいなあ」と思うだけである。
ヴァイオリンと同じ、擦弦楽器・二胡を習っているので、
生で聴く機会があれば得る所があるかも・・・?
なあんて軽い気持ちで出かけてきた私にとって、
だんだんに降りつのる冷たい雨をどこまで耐えられるのか・・・?
我慢大会だな、と思いはじめた頃、
『エトピリカ』が始まった。
耳懐かしい曲に、少し和んだ。
その後、『チャルダッシュ』。
この曲はもともとヴァイオリンの名曲だが、
二胡で演奏されることが多く、
私はヴァイオリンで弾くのを初めて見た。




画像





葉加瀬さんはガタイが大きい人で、
ひどく太っているのではなく、(脚などはスマートに見えた?)
顔が丸く大きいのでした。
革のジャケットにノーネクタイのシャツというラフなスタイル。
テントのビニール屋根でライトの熱気が増幅され、
サウナのような状態。汗びっしょりになり、
それはそれは、本当に、楽しそうに弾くのである。
バックの楽器の人たちとコンタクトをとりながら、
踊るように、全身で表現して、
あんなに楽しそうにヴァイオリンを弾く人をはじめて見た。
そして、演奏している時、非常にカッコイイ
どんなことでも、人が何かを楽しそうにやっていると
ついつい、つられてしまうものである。
その上、私の隣に座った女性2人が、大ファンであるのか、
それは、もうノリノリの声援なのだ。
『情熱大陸』はスタンディングで踊ってしまいました・・・・・・・。




アンコールが2曲、
最後の曲は『見上げてご覧夜の星を』・・・。
全然星どころではなかったけれど、
静かなバラードを着席してしっとり聴きました。
この時、伴奏はピアノだけだったのに、
ヴァイオリンが二重奏みたいになって聞こえたような・・・
そんな技法があるのでしょうか?
無知なので真偽のほどは分かりませんでしたが。




気がつけば、ハンカチは絞れるほど。
コートの裾がはだけていて、腿から下が水浸し。
駅の近くのホテルの化粧室でタオルをお借りし、身づくろいして、
高島屋12階のイタリアン“サルバトーレ”で
ピザ・マルガリータとカサゴのスープパスタを食し、帰りました。




擦弦楽器として参考になったこと?
ヴァイオリンのことはまったく分かりませんが、
長音を弾き続ける時、弓を返しても音が途切れないのはなぜ?
私の老師や、他の二胡奏者がやっているのを見たことがあって
葉加瀬さんもやっていましたが・・・。
運弓が熟練すると可能な技なのかな?
今度、老師に質問してみよう。
それと、あんな風に楽しそうに笑いながら
弾けるとカッコイイ
あやかりたいものですわ




昨日は“喬太郎・三三”
今日は“葉加瀬太郎”
2日続けて一流の芸に触れらて幸せでした。





画像
              9月21日(日)、28日(日)10:55〜
              中京テレビでコンサートの模様を放送するそう。
              最前列の合羽姿の私が写るかも・・・?
       









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
葉加瀬氏のコンサート、こちらH市にも恒例のようにお越しになるのですが、毎回その頃チケット代が捻出できず諦めていました。ホント応募に当たるなんて、ラッキー・・・!ちなみに彼は鰻がお好きな様でそのたびに某鰻屋さんで食してから、コンサートに望むそうですよ(彼のパワーの源かも???)
mietinn
2008/09/17 17:46
あの大きな身体でパワフルに演奏するには、かなりの燃料が必要でしょう。N市では何を召し上がったのでしょう。ひつまぶし、手羽先かしら?
にこーる
2008/09/17 23:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『葉加瀬太郎の世界 こころの音魂』へ。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる