彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 『二胡と琴の調べ』in桜ヶ丘ミュージアム。

<<   作成日時 : 2008/09/08 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


お茶のお師匠さんからの情報で、
我がT市の“桜ヶ丘ミュージアム”にて
二胡と箏のロビーコンサートがあるというので、
お師匠さんご夫妻と一緒に聴きに行ってきました。



演奏は、7日、日曜日の11時からと13時30分からの2回。
9時半にお師匠さんお奨めのお店“ゆらり”集合。
モーニングセットをまず食す。
いつもの如く、写真を撮るのを忘れてしまったので、
検索して見つけたこのお店についてのブログを紹介させていただきます・・・。
飲み物の値段+105円でこのボリューム。
私はエスプレッソの香り高いカフェラテを注文、
卵はゆで卵ではなく、煮卵でした。
味がしみていて美味しかった〜



あっ・・・と、美味しいお店紹介じゃなかった。
演奏の会場となるミュージアムは、
もちろん美術や歴史等に関する資料が展示されていて、
そのこじんまりしたロビーに椅子が並べられ、
(100席ぐらいはあったかなあ)
ステージ方向に、お琴(箏)が2そうセッティングされていた。
開演の11時になると立ち見の方も大勢みえた。




画像





演奏は古橋千佳子さん(二胡と箏)と
松井一実さん(箏)。
お二人とも演奏活動や講師をされている。
ブルーと薄いピンクのドレスで演奏で登場され、
「ドレスもいいなあ、私もやってみたい」などと
身の程知らずな妄想を・・・



まず、2人で箏の2重奏。
日本のわらべ歌メドレー
土人形
(この曲は松井さんの作曲か?)

箏と二胡の楽器説明。
箏の説明 六段の調
二胡の説明 良宵

箏と二胡の合奏
童謡メドレー
蘇州夜曲
夜来香
涙そうそう


アンコール
見上げてごらん夜の星を




曲目が親しみやすく、誰でも知っている曲ばかりで
どうぞ一緒に歌って・・・と、おっしゃるので
和やかに、皆さん口ずさんでいらっしゃった。
二胡の曲としては、初心者レベルでも手がける馴染みの曲で、
楽譜が多分、私が覚えているのと同じアレンジのもの、
ただ、良宵は私はまだ正式に習っていないが、
譜面が違うように思った。
流派でちがうのだろうか。



それと、マイクを入れてなくて、
スピーカーを通してではない、楽器の生の音が聴けた。
伴奏もなし。
私の好きなライブのパターン。
難しいと思うけれど・・・特に二胡は
自分の耳で音を確認しながら弾く楽器だから。
私もいつか、出来る日が来るのだろうか・・・?
イブニングドレスで



画像





いつもこういうコンサートがあると、
二胡仲間とか知り合いに何人かあうのだけれど、
今回は以前一緒に習っていた方ひとりと会っただけだった。
穴場だったな。


  

終了後ちょうどお昼で、またまた3人で、人気のラーメン店に寄る。
(ここもお客さんが並んで待つほど)美味しかったが
紹介はまたの機会に。

「10月11日の十三夜にお茶会で
二胡とお琴と篠笛で合奏をやりましょう」とお師匠さん。
二胡ってもちろん私か?
ああ、思ったより早く、ライブの機会が来たようだ・・・











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
エエ〜ッ!
千佳子先生は、私の先生です。
何も言ってなかったよぉ。(7日は仕事だったけど)
先生、美人でしょ!
二胡も私が習い始めの頃より、先生ばかりグングン上達して、ずるいよぉ。さすが先生は違いますね。
にこーるさんも、ドレスでライブ、がんばってね。
応援してま〜す。
サンちゃんち
2008/09/08 17:36
やはりそうでしたか。
サンちゃんちさんの先生じゃないかな・・・と思ったのですが。
女性二人の美しいユニットで、キレイな音楽を奏でて、いいですねぇ。
私の場合は単なるおこがましい妄想で、ドレスにつり合うぐらい、上手になれればいいなぁ・・・と。

にこーる
2008/09/08 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『二胡と琴の調べ』in桜ヶ丘ミュージアム。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる