彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈忘れていた楽しさ。〉

<<   作成日時 : 2008/05/11 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


記録が遅くなりましたが、
7日、二胡レッスンでした。
初夏のようないいお天気。
というか、すでに昼間は暑かった!
仕事で中国に行っていらしたという老師の
帰国時間に合わせて教室へ。
G調第3ポジションまである
“10.両手配合練習(リァンショウペイフーリァンシー)”
音がとれず、もう何週やってるか分からなくなったが、
家にある唯一信用できる楽器、
CASIO SA−45を引っ張り出し、
弾いて音を確認してから練習してみた。



前回より、音が定まってきたらしいが、
今日は運弓を注意された。
弓を大きく使う。
右手元間際から、出来るだけ先まで。
右手を引く時、肘からあげるのではなく、
手から動かして“開く”感じ。
癖でだんだん運弓が小さくなってしまうので、
姿勢も音も縮こまってしまう。
弓を大きく使うと音も大きくなる。
音を遠くへ投げかけるイメージで。
自分の中だけで弾くのではなく、
人に聞かせる意識を持って弾くこと。
(そうね、今まで寒かったし、鬱々としてて、忘れていた。)
また弾き始めの音が安定しないのは、
右手の持ち方が安定していないせい。
ポイントをおさえてしっかり持つ。
(これはその後、意識して弾いているが、
確かに音がしっかりする。)



・・・もう少し練習だな。
もう、開き直ってきて、
どれだけ時間がかかってもいいや!
・・・って
相変わらず練習時間はとれないけど、
これからが本当の二胡レッスンなのかもしれない。
とにかく、老師がまだ合格と言わず、
もう少し出来るようになると思って先に進めないのだから、
生徒としては言われたことを改善しつつ、
練習を続けるしかない。



今日は久しぶりに大きい音を出して弾いたので、
少しスッキリした。
大らかに楽しく弾くのを忘れていた気がする。
レッスンルームは音響効果が良いし。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






先週はゴールデンウィークで中国語お休み。
宿題としてプリントを3枚と、
検定試験の問題コピーをどっさりいただきましたが、
私は休みじゃないので大して進まず。



今日は新しい方が2人みえた。
一人は高校1年生の女の子。
彼女はなんと、小学生の時、習いに来ていたらしい。
中学の3年間ブランクだったが、すぐ思い出すだろうな。
すごいな〜学校通いながら語学を勉強しようなんて。



もう一人の方は、台湾などのTVドラマが好きで、
中国の俳優のファンであるらしく、
(今、日本の女性に人気があるらしい)
興味を持ったとか。
若い子が2人入れば、平均年齢がグーンと下がる。



今日は中検4級のリスニング問題を
皆で聞く練習をした。
ちょうど、この間やった問題だったのでよく分かったが、
やはり初めて聞いて完全に理解するとなると難しい。
特に長文のリスニングは二度聞いただけでは、
分からない部分の塊が残る。
・・・まあ、1年前挫折しかかった頃に比べれば、
分かるようにはなってはきているが。
一歩一歩進めばよしか。
“不怕慢、只怕站。(プーパーマン、チーパーチャン)
遅々たるを恐れるなかれ、ただ立ち止まることを恐れよ”
以前、中国語老師に教えていただいた言葉・・・
自分に言い聞かせる。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。〈忘れていた楽しさ。〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる