彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 本場で二胡弾いちゃった!【天津演奏旅行〈3日目〉世界遺産制覇!】

<<   作成日時 : 2007/12/27 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


前夜、打ち上げ終了後、
荷造りして、お風呂に入り、
夜中の1時過ぎにようやくベッドに入ったのも束の間
うとうとした・・・と思ったら、携帯アラームに起こされた。
6時半に出発なので、
4時に目覚ましをセットしたが・・・なんか変?

よく考えたら、携帯の時間は日本時間になっていて、
時差が−1時間だから、まだ3時
・・・顔洗ってから気がついて、
すーっごい、損した気分
ベッドに逆戻り
30分ほど目をつぶって過ごした。




6時半にバスで北京に向かう。
3時間もかかるというから、やはり中国は広い!
睡眠不足解消にちょうど良いが。
今日は一日歩く距離が長いから
休んどかないと。




途中一度サービスエリアでトイレ休憩。
鍵が壊れてる個室が多く、次の人にドアを押さえていてもらう。
中国の中学生の団体とかち合って、にぎやかー。




「中国の冬は乾燥してるので、
ミネラルウォーターを沢山飲んでくださいね。」
とガイドの王(ワン)さん。
「私、キレイなトイレ案内しますから!」
日本の大学を卒業したという彼は、日本語ペラペラ、
キビキビとかっこいい働きぶりのガイド氏だった。





画像






画像

           毎年描きかえるため年々若返る?という毛沢東さんの肖像。






まず、天安門広場に着いて記念撮影、
そのまま故宮博物館に入って見学。
ここで4つ星のトイレ(!)に入る。
何のことは無い、フツーの和式の水洗トイレですが。




画像

     中国というとご不浄の話題が多くなり、恐縮です・・・。





故宮を抜けて最後に小高い山に登り、
歩いて来た方向を見渡せば、
古い木造建築独特の、曲線が美しい屋根がいくつも重なる、
壮大な都市の姿を一望できた。
悠久の時を感じる眺望。
ゼイゼイ言いながら登った甲斐があった・・・。




その後、飲茶の昼食。
そして、万里の長城へ。
ここは登山だ!と、覚悟を決めてのぞむ。
ロープウェイで八達嶺というところまで上がって、
そこから各自体力に合わせて登り、
戻ってくるのだけど、
最寄の一番高いところまで
急だったけど、思ったより楽で楽しかった。




画像

           本日2ヵ所目の世界遺産制覇!
           この時期こんなに天気が良く、暖かいのは珍しいらしい。




睡眠不足で身体を酷使した1日だったが、
世界遺産を2ヶ所もまわり、充実した1日だった。





画像

           北京、鳥の巣と言われるオリンピックスタジアムが見えた。






北京市内のホテル【長富宮飯店ホテルニューオータニ】まで、
またかなりかかって、着いた頃はとっぷり夜。
部屋に荷物を置き、ちょっとドレスアップ。
着物の女性、紋付袴の男性もおられた。
これから北京ダックを食べるのだ。
中央音楽学院教授の趙寒陽先生との懇親会も。
この先生、にこやかで人が良さそうな方で、
レストランで食事のテーブルを前にして
10曲も私達のために曲を用意して
演奏してくださった。
レッスンで使っているテキストに
この先生が作曲された練習曲が沢山入っている。
先生の演奏の後、私達も『茉莉花』『2級2、換把練習』を弾いたが、
この練習曲は2級で習ったはずなのにほとんど忘れており、
エライ難しい曲で、最後ガタガタ・・・。
(先生は苦笑されていた




でも北京ダックは美味しかったぞ!
これはまた是非食べたいな。




早いもので次の日はもう帰国。
フツーじゃあ経験できない中国での二胡演奏、
山あり谷ありの観光地。
素敵なホテルと美味しい料理。
中国語は“ニンモンチャー(レモンティー)”を注文したら
“ニューナイチャー(ミルクティー)”が出てきたりして、
通じてるのかどうかイマイチだったが。
今度来る時は、
中国語カッコよく喋れるようになっていたいものだなぁと強く思う。
二胡と出会って、
そして縁あって老師に師事して、
このような機会を得ることが出来ました。




太謝謝了!


再見!




中国二胡演奏旅行、これにて終幕です。





画像

           コンサートの演奏者通行証。これを見せればフリーパス。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいなぁ〜。
充実した演奏旅行ができて、よかったですね。現地で老師のライブ、それも教本の曲をなんて、こんな機会でもなければ、聞けません。
にこーるさん、さらに上達される事でしょう。
天津・北京は行った事がありません。
私もぜひ、(観光で!)行きたいなー。
サンちゃんち
2007/12/27 11:04
いやいや、趙老師の演奏曲は私らにはてんで無理な難しい曲ばかりでした。聞いてるだけじゃあ上達は無理ですね。DVDをいただいたので見て研究してみます・・・。(多分ため息ついて終わる)
にこーる
2007/12/27 21:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本場で二胡弾いちゃった!【天津演奏旅行〈3日目〉世界遺産制覇!】  彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる