彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 連頓弓(リェントンコン)の混沌。

<<   作成日時 : 2007/09/18 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4



前回の二胡レッスンから2週間。
連頓弓(連続スタッカート)練習してます。 
最初はギシギシ、ギイギイいって
弾き始めるとうちの19歳の飼い猫のメイちゃんが
柱で爪を研ぎ始めるし、
音が出なくて絶望的でしたが、
心なしか音になってきて、光が見えてきたよーな・・・




画像

          二胡の楽譜は数字譜。1から7までの数字でドからシを表す。
          同じ1(ド)でも、調が変ると弦を抑える位置が変る。
          漢字の一、二、三、四は人差指、中指、薬指、小指
          どの指で押さえるのかを指示している。
          ▼がスタッカートの記号。





加えて、来週の連休(23、24、25日)
ホテルアソシアの“月見を楽しむ夕べ”での
演奏に備えて、練習も。
連頓弓の練習の後に弾く普通の曲の、なんと弾きやすいこと!
すごく素直で音が出しやすい。
調子に乗って、弓で思い切り強弱をつける。
これが狙いかもしれんな。
普通の曲を弾きやすく感じさせるための?





とにかく老師のレッスンまであと1週間。
内弦アップのスタッカートが一番難しい・・・しかし、
合格しないとまたこの連頓弓の混沌にハマってしまうので
何としても合格せねば・・・。
もうこの曲、耳についちゃって離れないよ!





そうそう、月見を楽しむ夕べは
雨が降ったら中止なのです。
テルテル坊主作らなきゃ
お天気になりますように・・・。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
数字譜だって事、始めて知りました。西洋クラッシック音楽が全てだと思っていたわけです。ナント視野の狭い私。ところで前回のブログコメント「やらされる仕事と自発的に取組む事との違い」最も!納得です。今の自分にとってリフレッシュできる事を大事にしていきたいと思いました。アドバイスありがとうございました。
mietinn
2007/09/18 23:06
ひぇ〜っ、アドバイスなんておこがましい・・・。
私の場合、単なる逃避かも・・・。逃避が多すぎて自分の首絞めてます(笑)。クラッシックから来た方はこの数字譜に馴れないみたいです。私のように素地がないと入りやすいのかも知れません。
にこーる
2007/09/18 23:26
ええっ〜。スタッカートだけの曲?
考えただけで、カウントぼろぼろになってメタメタになりそう・・・。
メイちゃんも大変ね。うちのサンちゃんも、練習が長引くとざぶとんをガリガリしたり、「はぁ〜」とため息をつきます。家族の協力に、感謝ですネ。
連休、きっとお天気大丈夫ですよ。楽しいステージになりますように!
サンちゃんち
2007/09/20 15:34
わんちゃんって、ため息つくんですね。
全体の70〜80%がスタッカートで、カウント以前の問題です(笑)。音が出なくて初心に還らされました・・・^^;
サンちゃんちさんも、24日に演奏会とか。お互いうんと楽しみましょう!
にこーる
2007/09/20 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
連頓弓(リェントンコン)の混沌。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる