彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道なレッスンの記録。〈芸術は模倣から。〉

<<   作成日時 : 2007/05/16 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




昨日は二胡レッスンでした。
『放風筝』(ファンフェンチェン)をまず弾いたら、わりと涼しい日だったのに、
汗かいてしまった
あまりに暑がるので、親切な老師はエアコンをつけてくれました。
まあ、それだけ緊張して一生懸命弾いているってことで・・・。



次に『歡聚(ファンジュイ)』に行って、
この曲、1小節目からトリルと滑音が入っていて、
すんなり入れなくなっちゃった。
今回私にしては練習していったんだけどなぁ。
なんとかかんとか2〜3回通して弾く間、
老師はピアノ伴奏をせず聴いている。
(私が伴奏に合わせられなくなるってのもあるけれど)
伴奏なしでとういうスチュエーションも怖い。
「んー、この曲もう一回宿題ね。」
なかなか合格できないのですわ。
まあ、自覚はあるから仕方ない。
細かいトリルや、滑音がうまくできていない。
中国の曲特有の“ほわぁぁぁ〜〜〜ん”という音。
アレができないのよね。
老師にお手本を弾いてもらって、
それを反芻して真似るしかないな。



それと『南泥湾』。
今まで弾いてた指使いと違って、
ポジション移動が多く、音がとりにくい。
でも、速くなる部分がないので
その辺は楽かも。



老師、今度7月14日にM市でコンサートをされる。
是非拝聴しに行きたいと思うが、
土曜日に休みが取れるかちょっと未知数。
・・・難しいかも・・・。




画像





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そして今日は、電車で往復2時間以上かかる施主宅に
うかがって打合せる用件があり、
夜は中国語のレッスン。
サントリーの『黒烏龍茶の歌』を教えていただき、歌って遊んだ。
歌詞の最後のくだりが面白い。



“没恋愛 没有油 人生不敢想”(メイリェンアイ メイヨウヨウ レンションプーガンシャン)
“那チー不是 太無味”(ナーチープーシー タイウーウエイ)

恋も油もない人生なんて、そんなのまっぴらさ
(漢字パッドにない文字はカタカナで記しました。)


名言だな。
ああ、二胡も中国語も勉強しなきゃ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
二胡も中国語も、本格的でうらやましい〜。
(私は、がんばってないだけですが・・・。)
う〜ん、M市、ちょっと遠いかな。
老師、ハンサムですね!
サンちゃん
2007/05/19 16:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地道なレッスンの記録。〈芸術は模倣から。〉 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる