彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 『張濱老師ミニコンサート』

<<   作成日時 : 2007/01/31 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0



N市内某所である集まりがあり、
そこで老師が演奏されるとのことで、行ってきました。
 
全く畑違いのような会合に招かれて演奏・・・という感じで、
曲数も少ないかな・・・と思いきや、
良かったです!堪能しましたよ。
先日の豊田市でのコンサートも良かったですが、
私としては今日のほうが好みだったかな。


画像

        余興っぽい最後の曲の時、撮影してしまいました。老師、対不起!



まず、老師がロングのチャイナ服で演奏されたこと。
(私が二胡を初めて聞いて感動した奏者がそういう衣装だった・・・
当ブログ『何で二胡なの?』 06/11/02 参照)
そして、今日は老師の前に譜面台が立っていなかったので、手元がよく見えたこと。
(前回はまん前に座って失敗した。当ブログ『張濱老師コンサート』 06/11/04 参照)
他の楽器が入っていなかったので音がよく聞こえたこと。
シンプルな伴奏をバックに、聴きやすかった。


曲目も馴染み深い曲で構成されていました。

『月の砂漠』
『花』
『いい日旅立ち』
『夜来香』
『燕になりたい』
『My Heart Will Go On』
『友情の子守唄』
『大地の歌』
『賽馬』
『川の流れのように』

アンコール
『初めから今まで』
『Happy Birthday To You』(・・・主催者の方が誕生日だったので。)


来日して14年目とのことで、
日本のドラマ、アニメなどをTVで見、日本に興味を持った子供時代のこと。
公務員のような安定した二胡奏者としての待遇を捨てて、日本に来たいきさつ。
留学生として苦労したこと、卒業後一時帰国して芸術家ビザを取得し
再度日本にもどり、奏者として活動、今日に至る・・・
老師今日はたくさん話をした。
『燕になりたい』の曲紹介でのフレーズで、
「日本では燕は男のことですが、中国では女性の気持ちを歌った曲で・・・」
これジョークなんですよね?


繊細な演奏と、優しい風貌、
親しみやすい人柄が感じられるステージとトークで、
会場の女性はもう、うっとりって感じ。
二胡初めて聴くような奥様方の心をきっとしっかり掴んだぞ。
(まったく、相当年上のマダムばっかりだったが・・・)
演奏後のサインと握手会で、「大きくて柔らかい手よ〜」と
感動気味の声が聴こえた。


私は、ビブラートのあの動き、どうしたら上手く出来るのかなあ・・・
コツが掴めんものかと、終始老師の手元を凝視してしまいました。



画像

         きたる3月25日(日)各務原市でのコンサートのチラシです。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
張濱 二胡音楽会2007 各務原講演【イベント情報】
 最近、中国楽器による中国音楽が人気ですが、CBCテレビなどでも流れている、人気の二胡奏者の張濱(チャン・ビン)さんのコンサートが各務原市で行われる様です。 柔らかく心に染みる癒しの音楽を味わいたい方などに良いのではないでしょうか。アジアの風 張濱 二胡音楽 ...続きを見る
各務原市 e-情報ブログ
2007/02/12 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『張濱老師ミニコンサート』 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる