彩雲追月〜くるくる猫目日記・改

アクセスカウンタ

zoom RSS 真面目にレッスンの話。Part 2。

<<   作成日時 : 2006/12/06 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レッスンはでんでんむしの様な進み方です。
かなり意識して弓を大きく使うようにしているので、
今日は注意されなかった。
でもやはり、左手には力入っていて、
移動しにくい時がある。
ホントに人差指と親指の間で棹を支えるだけ・・・を意識しよう。


老師の左手の動きを見ていると、
弦の上を滑るようだし、
いつも“指先の先端”で押さえている。
“押さえている”というより、なにか“はじいている?”という
表現の方が近いような・・・。
音も歯切れ良くいつも一定の音色・音程も安定していて、
動きも美しい。
真似しようとすると、左手で弦を押さえるタイミングと
弓がズレる(笑)



初めの3(ミ)の音が不安定と注意された。
二胡はピアノなどと違って、音は弾く人の感覚に
かかっているから、正確さは特に重要。
オクターブ上までの音階練習をするように言われました。



それでもいつまでも劉天華の換把練習(ファンパーリエンシー)に
かかりきっているわけにもいかないとお思いか、
次は電影《南京旧事》主題歌 というのと、他2曲。
「見本を弾いて聞かせてください」と言ったら、
「この曲知らない?『旅愁』だよ」
・・・ソミソドー、ラドラソー・・・そーいえばそうみたい。
老師のCDに入ってた曲だから、研究できるな。
(実際弾いてみたら、思いのほか音が高く弾きづらい)
後の2曲は、中国曲だから、ちょい覚えにくいな。


画像

                                    中国版『旅愁』の楽譜。


偶然、スタジオで知合いの先生(同じ老師について習ってみえる)と
お会いして、「すごい眠そう」と言われた。
確かに頭痛どめの安定剤飲んでて、電車に乗るといつも寝ちゃうけどね。



今日の帰りは、アキレス腱を切って療養中の友人に
中国語でメールを打ってあげようと思ったら、
“アキレス腱”がポケット辞書に載ってなかった。
中国語の老師に聞いてみなきゃ。
足首はポーツ(bo2zi)・・・漢字が日本文字に無い。
または拐子(クァィツ guai3zi)
体の部分とか、建物、家具など“子”が付く言葉が多い。
今度、まとめてみよう。


電車の中は、ささやかな私のくつろぎタイム。
仕事での移動のときもまとまった時間、誰にも邪魔されないし、
一人だけの考え事に浸れる。
恥ずかしげもなく食事したり、
メールしたり、
中国語の問題集やったり、
そしていつしかお休みタイムに・・・。


画像

                                お茶とかお菓子を用意して・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真面目にレッスンの話。Part 2。 彩雲追月〜くるくる猫目日記・改/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる